HYDE、攻撃性を全開にしたRock Day初日で新曲「LET IT OUT」披露

6430

HYDEがワンマンライブ「HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde」の“Rock Day”初日公演を、昨日9月11日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で開催した。

HYDE(写真提供:ユニバーサルミュージック)

HYDE(写真提供:ユニバーサルミュージック)

大きなサイズで見る(全4件)

9月5日よりZepp Haneda(TOKYO)を舞台に開幕した「HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde」は、前半3日間が「Acoustic Day」、後半2日間が「Rock Day」と銘打たれており、それぞれ異なる内容のステージが展開されている。昨日の「Rock Day」初日も「Acoustic Day」同様に会場では徹底した新型コロナウイルス感染拡大の予防対策を講じたうえで2階席のみが有観客で実施されたほか、ライブの模様はSHOWROOMで生配信され、各国のファンがライブの模様を楽しんだ。また「Rock Day」の公演では、SHOWROOMの新システムSHOWROOM Arena (β)を導入。ライブ会場に設置されたLEDスクリーンに視聴中の観客の生のリアクションを映すことで、オンラインでも視聴者がアーティストを応援でき、”つながっている”を実感できるライブとして行われている。

「HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde」9月11日公演の様子。(写真提供:ユニバーサルミュージック)

「HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde」9月11日公演の様子。(写真提供:ユニバーサルミュージック)[拡大]

開演時刻の6:66(19:06)が近付くと、会場も生配信を行なっているSHOWROOMのチャット欄も大盛り上がり。定刻ぴったりにライブが開幕すると、ステージにはフードを被り、鋭い視線でカメラを睨めつけながら歌い上げるHYDEの姿が。カメラはゆっくりとその表情を大きくフィーチャーし、穏やかな雰囲気が漂っていた「Acoustic Day」との違いを浮き彫りにした。またセットリストの内容も演出もガラリと変え、攻撃性と激しさを打ち出した構成に。HYDEは「みんなの悪魔見せて」「 悔い残すなよ!」と煽ったり、積極的にバンドメンバーに絡んだり、上半身裸になってフロアで暴れたりしながら「Acoustic Day」とのギャップでファンを魅了していく。

この日のハイライトとなったのは、新曲を初披露したブロック。HYDEは「ワクワクしてるでしょ? 聴きたい? 控えめに言ってもかっちょええで!」と宣言し、パンキッシュかつハードなサウンドが印象的なロックチューン「LET IT OUT」をパフォーマンスした。MCでも「Acoustic Day」と打って変って挑発的な発言が続出し、HYDEが「2020年こんなことになるなんて思わなくて、全部パーだよ。でも、何かできることはないかなと考えた結果がこれで。生霊でも飛ばして、つながってはっちゃけようぜ! ボリューム上げて! 何か言われたら『HYDEのせい』って言っていいから」と叫ぶ一幕も。バンドメンバーのプレイも気迫がこもったアグレッシブなもので、ライブはすさまじい熱気を残して終幕した。

なお、5日間にわたった「HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde」は本日9月12日に最終日を迎える。また昨日のライブで披露された新曲「LET IT OUT」は11月25日にシングルとしてリリースが決定している。

LET IT OUT(初回限定盤)

HYDE「LET IT OUT(初回限定盤)」
Amazon.co.jp

LET IT OUT(通常盤)

HYDE「LET IT OUT(通常盤)」
Amazon.co.jp

HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde(※終了分は割愛)

Rock Day

2020年9月12日(土)東京都 Zepp Haneda(TOKYO)

この記事の画像(全4件)

関連記事

HYDEのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 HYDE / VAMPS / L'Arc-en-Ciel の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。