たこ虹×女子流ツーマン、コラボやカバーでお互いへの愛を送り合う

678

たこやきレインボー東京女子流による配信でのツーマンライブ「たこやきレインボー×東京女子流 企画ライブ~東西歌合戦~」が昨日8月10日に開催された。

東京女子流×たこやきレインボー

東京女子流×たこやきレインボー

大きなサイズで見る(全69件)

「鼓動の秘密」を歌うたこやきレインボー。

「鼓動の秘密」を歌うたこやきレインボー。[拡大]

たこ虹と東京女子流がツーマンライブを行うのは2018年9月の公演以来2回目。この日彼女らは東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで無観客ライブを行い、約90分にわたり画面の向こうのファンへパフォーマンスを届けた。この記事では無観客ライブが行われた現地の様子をレポートする。

「私、ただ恋をしている」を歌う東京女子流。

「私、ただ恋をしている」を歌う東京女子流。[拡大]

開演時刻を迎えると、ステージにはたこ虹の5人が登場。東京女子流の楽曲「鼓動の秘密」のカバーを披露する。可憐なドレスを身にまとった5人は息の合ったダンスと共に歌声を届けた。たこ虹のメンバーが舞台を去ると、東京女子流が舞台に登場し、間髪いれずにたこ虹の楽曲「私、ただ恋をしている」を歌唱。冒頭から早速2組がお互いの楽曲をパフォーマンスした。曲終わりのMCでは、たこ虹の堀くるみが「女子流ちゃんと言えばという代表曲なので、ちょっとプレッシャーはありましたね」とカバーに際しての心境を語った。またセリフパートを担当した東京女子流の新井ひとみが「女子流でこういう楽曲ってないんですよ。だから感情とかどうやって表現すればいいんだろうって思いながらずっと練習してました」とコメントするなど、お互いの楽曲をカバーした感想が交わされた。

たこやきレインボー

たこやきレインボー[拡大]

続けてライブは、たこ虹のブロックに突入。1曲目の「たのしかしまし大阪~おいでやす~」からたこ虹ならではの関西弁まじりの歌唱が届けられる。「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」では色とりどりの照明の中、各メンバーがカメラの向こうに視線を送ったり、指をさしたりするなど、画面越しのファンを意識したパフォーマンスが繰り広げられた。さらに堀の「画面の向こうのみんなも声出して」という言葉に続けて彼女らはファンキーなナンバー「Whoop It Up!」と「踊れ!青春カルナバル」を畳みかける。激しいダンスと共にパワフルな歌声をフロアに轟かせ、会場を無観客ライブとは思えないような熱気で包んだ。

チーム夜行性

チーム夜行性[拡大]

その後、たこ虹の春名真依、彩木咲良、根岸可蓮、東京女子流の山邊未夢、庄司芽生からなるスペシャルユニット・チーム夜行性によって、たこ虹の楽曲「疾風」が披露される。歌唱後、庄司は「たこ虹ちゃんのライブに行ったときに、この楽曲が1番印象に残ってて。今日歌わせていただけて本当に幸せです」と喜びをあらわにし、春名は「たこやきレインボーの風と女子流ちゃんの風が合わさって、すごいさわやかな風が起きた。疾風が起きました」と語った。また、「チーム夜行性」というユニット名はメンバー全員が夜型というところから名付けられたという裏話も飛び出した。

東京女子流

東京女子流[拡大]

続く東京女子流のブロックは「光るよ」で明るく幕開け。曲終わりには自己紹介が行われ、庄司の「大人な女子流も見てもらいたいと思ってこの曲を持ってきました」という言葉に続けて「kissはあげない」が披露される。ムーディーな照明とも相まって、会場は瞬く間に大人な雰囲気に。そのまま4人は「Limited addiction」「薔薇の緊縛」を連投。最後には最新シングルから「キミニヲクル」を画面の向こうのファンに届ける。無骨なベースを主体としたサウンドに乗せ、4人は美しいユニゾンを響かせた。

ちっちゃいもんクラブ

ちっちゃいもんクラブ[拡大]

その後ライブは再びスペシャルユニットのパートに。たこ虹の清井咲希、堀、東京女子流の新井、中江友梨からなるユニット・ちっちゃいもんクラブが「ヒマワリと星屑」をパフォーマンスする。4人はこの楽曲で定番となっているヒマワリの花を身に着け、スタンドマイクで力強い歌唱を届けた。清井は「運動量も多いし音も高いし、何曲もやった後にこの曲を歌える女子流ちゃんってすごいなって思いました」と東京女子流のメンバーをたたえ、堀は「ヒマワリを着けることができたのが個人的に胸アツです」とうれしさを語った。

「おんなじキモチ」を歌う東京女子流×たこやきレインボー。

「おんなじキモチ」を歌う東京女子流×たこやきレインボー。[拡大]

ライブもいよいよ終盤を迎えると、たこやきレインボーと東京女子流の9人は舞台に勢ぞろいし、東京女子流の「おんなじキモチ」とたこ虹の「ナナイロダンス」を続けざまにパフォーマンス。彼女たちは一糸乱れぬ圧巻のダンスと歌声を届け、ライブは華やかなフィナーレを迎えた。最後にはメンバーの1人ひとりがカメラの向こうのファンに手を振り、たこ虹と東京女子流によるツーマンライブは幕を閉じた。

チーム夜行性

チーム夜行性[拡大]

なおこの公演は8月15日までアーカイブ映像を配信中。チケットは楽天チケットおよびニコニコ生放送で販売されている。

ちっちゃいもんクラブ

ちっちゃいもんクラブ[拡大]

この記事の画像(全69件)

「たこやきレインボー×東京女子流 企画ライブ~東西歌合戦~」2020年8月10日セットリスト

たこやきレインボー

01. 鼓動の秘密

東京女子流

01. 私、ただ恋をしている

たこやきレインボー

01. たのしかしまし大阪~おいでやす~
02. もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-
03. プレイバックス
04. Whoop It Up!
05. 踊れ!青春カルナバル

チーム夜行性

01. 疾風

東京女子流

01. 光るよ
02. kissはあげない
03. Limited addiction
04. 薔薇の緊縛
05. キミニヲクル

ちっちゃいもんクラブ

01. ヒマワリと星屑

たこやきレインボー×東京女子流

01. おんなじキモチ
02. ナナイロダンス

全文を表示

関連記事

東京女子流のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 東京女子流 / たこやきレインボー の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。