いきものがかりが“ワニの日”にライブ生配信、最新技術駆使して「生きる」を披露

395

いきものがかりが8月2日(日)20:50より企画ライブ「いきものがかり Volumetric LIVE ~生きる~」を、バンドのYouTube公式チャンネルとFIREBUGのTwitter公式アカウントで生配信する。

「いきものがかり Volumetric LIVE ~生きる~」告知用イラスト

「いきものがかり Volumetric LIVE ~生きる~」告知用イラスト

大きなサイズで見る(全4件)

いきものがかり

いきものがかり[拡大]

「いきものがかり Volumetric LIVE ~生きる~」は、8月2日が“ワニの日”であることを記念した番組「100日後に死ぬワニを改めて語り尽くす60分」内の企画として配信されるライブ。いきものがかりはTwitter連載マンガ「100日後に死ぬワニ」とのコラボ映像のテーマソングとして書き下ろした楽曲「生きる」を披露する。

配信ライブでは、ソニーが開発中のボリュメトリックキャプチャという技術が導入される。ボリュメトリックキャプチャは、数十台のカメラで撮影した実在の人物や場所を、デジタルデータに変換して任意の方向から見た3D映像として再現する技術。配信ではこの技術が活用することで、「100日後に死ぬワニ」の世界の中でいきものがかりが演奏しているような映像を観ることができる。なお背景グラフィックの制作には、マンガ原作者のきくちゆうきも参加している。

この記事の画像(全4件)

「いきものがかり Volumetric LIVE ~生きる~」

配信日時:2020年8月2日(日)20:50~

関連記事

いきものがかりのほかの記事

リンク