=LOVE「会えないときも大好きだ!」無観客生配信ライブに込めたファンへの思い

3880

=LOVEの無観客ライブ「次に会えた時 何を話そうかな」が昨日6月27日に開催された。

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」の様子。(写真提供:代々木アニメーション学院)

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」の様子。(写真提供:代々木アニメーション学院)

大きなサイズで見る(全50件)

=LOVEは当初3月から6月にかけてライブツアー「=LOVE 関東ツアー~We are "Sweetie pie"~」を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため全公演の開催を中止。従来の形式でライブを行えない状況が続く中、有料配信という形でパフォーマンスを届けることになった。昨日の公演ではメンバーがお互いの“ソーシャルディスタンス“を保った特別なフォーメーションで歌唱し、生配信視聴専用アプリ・FanStreamを通して多くのファンがその様子を見守った。

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」の様子。(写真提供:代々木アニメーション学院)

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」の様子。(写真提供:代々木アニメーション学院)

開演時間が近づくと、赤と白の新衣装に身を包んだ=LOVEが無観客ライブの舞台となった東京・天王洲 銀河劇場のステージへ。通常のライブとは違った緊張感に包まれる中、配信が始まる直前まで歌の練習を続けるなどして自らを鼓舞していた。そしてプロデューサーの指原莉乃による「皆様との再会まではもう少し時間が必要になります。今日は私たちが出来る可能な限りのパフォーマンスを少しでも皆様の元気に繋がるように、メンバー、スタッフ一同、配信という形になりますが、お届けさせて頂きます」というコメントが配信画面に表示され、オープニングムービーに合わせて「Overture」が流れたのち、11人は7月8日にリリースするニューシングルの表題曲「CAMEO」をライブ初披露。 “ちょっぴり小悪魔”な歌詞のダンスナンバーを、ダブルセンターの大谷映美里と齊藤なぎさを中心とするキレのある踊りで表現した。

ソロ曲「My Voice Is For You」を歌う諸橋沙夏(写真提供:代々木アニメーション学院)

ソロ曲「My Voice Is For You」を歌う諸橋沙夏(写真提供:代々木アニメーション学院)

野口衣織による「観てくださってる皆さんに笑顔を届けられるよう、精一杯がんばります」という挨拶を挟み、=LOVEは彼女のアカペラで始まる「アイカツハッピーエンド」をパフォーマンス。なぎさと齋藤樹愛羅がダブルセンターを務めるロックナンバー「いらない ツインテール」などを勢いよく畳みかけていく。各メンバーの自己紹介後は、佐竹のん乃や大場花菜が「ひさしぶりにメンバーと会ったらかわいすぎて! マスクの下でニヤニヤ笑ってよだれが出ちゃう(笑)」「みんなの顔面がかわいい!」と、外出自粛期間明けにメンバーとひさしぶりにレッスンしたときのことを興奮気味に振り返った。次のブロックでは諸橋沙夏がグループ初のソロ曲であるさわやかなナンバー「My Voice Is For You」を初披露したほか、なぎさが「届いてLOVE YOU▽」を1人で歌唱。持ち前の伸びやかな歌声を響かせた諸橋は「ファンの方1人ひとりのことを思いながら歌わせていただきました」とこみ上げる感情を噛みしめるように言葉を紡ぎ、キュートなステージングをメンバーから褒められたなぎさは「いつもメンバーと一緒に歌っているので緊張したんですけど、すごく楽しくて素敵な思い出になりました!」と感想を語った。

「ズルいよ ズルいね」のバラードバージョンを歌う=LOVE。(写真提供:代々木アニメーション学院)

「ズルいよ ズルいね」のバラードバージョンを歌う=LOVE。(写真提供:代々木アニメーション学院)

佐々木舞香と野口が「虹の素」のバラードバージョンをエモーショナルに歌ったあとには、配信アプリ・17LIVEにてライブの模様を実況配信していた妹グループの≠MEより、メンバーの冨田菜々風が2人のもとに駆け付けて一緒にトーク。「=LOVEの中で一番好きなメンバーは?」を聞かれた冨田が戸惑いつつ「舞香さんです!」と答えると、佐々木は飛び跳ねて喜び、野口は「あー、意味わかんない本当に! さっき私のこと美人って言ったじゃん!」と納得のいかない様子を見せていた。その後、11人は「ズルいよ ズルいね」のバラードバージョンを椅子に座りながら歌い上げ、しっとりしたムードを作り上げる。続くMCでは、昨年2月に東京・昭和女子大学人見記念講堂で開催された1stコンサート「初めまして、=LOVEです。」と、昨年9月に東京・中野サンプラザホールで行われたデビュー2周年記念コンサートのライブBlu-ray / DVDのリリースが決定したことが発表された。グループ初の映像作品となるこのBlu-ray / DVDは9月2日に同時発売される。

齋藤樹愛羅(写真提供:代々木アニメーション学院)

齋藤樹愛羅(写真提供:代々木アニメーション学院)

佐竹によるグッズ紹介などを経て、ライブはラストスパートとなる最後のブロックへ。「手遅れcaution」では楽曲のシリアスな雰囲気に合わせて配信映像がモノクロになる演出が展開され、「探せ ダイヤモンドリリー」の間奏ではメンバーが「言いたいことがあるんだよ! 待っててくれてありがとう! 会いたい会いたい会いたいよ! 次会うときに何話そう! 私がここにいる理由、みんなの笑顔が見たいから! 心はいつもあなたのそばに、会えないときも大好きだー!」というファンに向けた“ガチ恋口上”を力いっぱい叫んだ。「『部活中に目が合うなって思ってたんだ』」の終盤には、佐々木が「皆さん、私と目が会いましたかー!? 私はばっちり合いましたよー!」と画面の向こうにいるファンに向けて笑顔を弾けさせる。さらに11人はファン目線の歌詞が特徴で、野口が初めてセンターを担当する王道アイドルソング「『君と私の歌』」をライブ初披露。最後はデビュー曲「=LOVE」を元気いっぱいに届けてステージをあとにした。

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」の様子。(写真提供:代々木アニメーション学院)

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」の様子。(写真提供:代々木アニメーション学院)

≠MEメンバーたちによるアンコールの声が響きわたると、=LOVEは「ようこそ!イコラブ沼」でライブを再開。「樹愛羅、助けに来たぞ」の曲中には、メンバーがステージ上のホワイトボードにファンへの応援メッセージを次々に書き込んでいくというパフォーマンスが繰り広げられた。そしてこのライブのラストナンバーとして披露されたのは、緊急事態宣言中に指原が歌詞を書き下ろし、リモートで楽曲制作やレコーディングが行われた「次に会えた時 何を話そうかな」。彼女たちはファンに対する思いをしっかりと歌に込め、リーダー山本杏奈の「この会えない期間、私たちはファンの皆さんからいろんな形でたくさん支えていただきました。今日その恩返しが少しでもできていたらうれしいです」という挨拶で無観客ライブを締めくくった。

この記事の画像(全50件)

=LOVE「次に会えた時 何を話そうかな」2020年6月27日 セットリスト

SE. Overture
01. CAMEO
02. アイカツハッピーエンド
03. Want you!Want you!
04. いらない ツインテール
05. My Voice Is For You / 諸橋沙夏
06. 届いてLOVE YOU▽ / 齊藤なぎさ
07. 推しのいる世界 / 大場花菜、佐々木舞香、佐竹のん乃、瀧脇笙古、野口衣織、山本杏奈
08. Sweetest girl / 大谷映美里、音嶋莉沙、齋藤樹愛羅、齊藤なぎさ、諸橋沙夏
09. 虹の素/ 佐々木舞香、野口衣織
10. ズルいよ ズルいね
11. 手遅れcaution
12. 僕らの制服クリスマス
13. 探せ ダイヤモンドリリー
14. 「部活中に目が合うなって思ってたんだ」
15. 「君と私の歌」
16. =LOVE
<アンコール>
17. ようこそ!イコラブ沼
18. 樹愛羅、助けに来たぞ
19. 次に会えた時 何を話そうかな

※「届いてLOVE YOU▽」の「▽」はハートマークが正式表記。

=LOVEのほかの記事

リンク

関連商品