小栗旬×星野源「罪の声」特報で初共演シーン解禁、新キャスト10人明らかに

1271

2020年秋公開予定の、小栗旬星野源が共演する映画「罪の声」の最新ビジュアル、特報映像、新キャストが発表された。

映画「罪の声」ティザービジュアル

映画「罪の声」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

本作は2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士の小説「罪の声」を原作としたミステリー映画。30年以上前に起き、すでに時効になっている昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者・阿久津英士を小栗が、父から受け継いだテーラーを営み、平凡な毎日を過ごす中で偶然にも幼少時の自分が知らないうちにこの昭和最大の未解決事件に関わっていたことを知ってしまう男・曽根俊也を星野が演じる。

最新ビジュアルには小栗と星野に加え、事件解決の鍵を握る10名の実力派新キャストが登場。新キャストの市川実日子は俊也の妻・亜美、梶芽衣子は俊也の母・真由美、阿部純子は若き日の真由美を演じる。松重豊は英士が所属する大日新聞の元社会部記者・水島洋介役、古舘寛治は同じく社会部事件担当デスク・鳥居雅夫役、篠原ゆき子は事件に翻弄される生島一家の母親・千代子役、原菜乃華は生島千代子の娘・望役で本作に出演。火野正平は英士と俊也が事件に翻弄される中で出会うスーツの仕立て職人・河村和信に、正司照枝は麻雀店の元オーナー・須藤みちに扮する。

特報映像では小栗と星野の初共演シーンが解禁された。物語の発端となる脅迫テープの子供の声から始まり、その声が自分の声だと気付き戸惑う俊也や「本当の罪人を引きずり出します」と力強い言葉を発する英士の姿が切り取られている。

この記事の画像・動画(全7件)

星野源のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「罪の声」製作委員会