齋藤飛鳥が自宅でのフルリモート撮影に初挑戦、仮想通貨に興味持つ

382

乃木坂46齋藤飛鳥が、仮想通貨ビットコインの取引所を運営するbitFlyerのイメージキャラクターに就任。本日6月24日から放映されるCMに出演する。

齋藤飛鳥が出演するbitFlyerのCMのワンシーン。

齋藤飛鳥が出演するbitFlyerのCMのワンシーン。

大きなサイズで見る(全4件)

CMの内容は、これまで仮想通貨についてよく知らなかった齋藤が、このCM出演をきっかけに興味を持つというもの。撮影は齋藤の自宅にてフルリモートで行われ、齋藤は機材の準備から本番まで1人きりで行なった。そのため彼女はセルフメイクで、私服の中から衣装を選び、自撮りをするようなスタイルで撮影を敢行。初めてのフルリモート撮影ながら、慣れない機材もスムーズに設定し、リラックスした様子で収録を終えた。

YouTubeではCM本編のほか、齋藤へのインタビュー映像も公開中。bitFlyerのイメージキャラクターになったことについて「仮想通貨ってちょっと難しいイメージがあったので、率直に『私で大丈夫なのかな? いいのかな?』という気持ちはありつつ、テレビCMに出させていただけるというのは、自分がちょっと大人になったのかなと思って、うれしかったです」と心境を述べている。

齋藤のイメージキャラクター就任を記念し、bitFlyerでは彼女のサイン入りグッズが当たるキャンペーンを実施中。販売所もしくは取引所で仮想通貨を5000円以上購入すると齋藤のサイン色紙、1万円以上購入すると齋藤のサイン入りチェキが、それぞれ抽選で3名にプレゼントされる。

この記事の画像・動画(全4件)

乃木坂46のほかの記事

リンク