早瀬優香子ベスト盤はボーナストラック含む18曲入り、矢野顕子や細野晴臣提供曲も

226

1980年代に歌手、女優として活躍した早瀬優香子のベストアルバム「yes we're SINGLES+8」が5月27日にリリースされる。

早瀬優香子「yes we're SINGLES+8」ジャケット

早瀬優香子「yes we're SINGLES+8」ジャケット

大きなサイズで見る

yes we're SINGLES+8

早瀬優香子「yes we're SINGLES+8」
Amazon.co.jp

現在国内外で人気を博している80年代のシンセポップやテクノ、ニューウェイブ、ニューエイジなどを指す“和レアリック”の視点から、再評価されている早瀬の楽曲。今回リリースされるベスト盤にはデビュー曲「サルトルで眠れない」をはじめ、安藤裕子がカバーしたことでも注目された「セシルはセシル」、矢野顕子が作曲した「私は女」「マリー・ラフォレはもう聞かせないで」、細野晴臣作曲の「椿姫の夏」、早瀬本人が作詞作曲を手がけた「Lobbyの生活」「薔薇のしっぽ」、渡辺裕之とのデュエット曲「マリリン&ジョンの微笑」など、ボーナストラックを含め18曲が収録される。

早瀬優香子「yes we're SINGLES+8」収録曲

01. サルトルで眠れない
02. ピンクのCHAPEAU
03. 硝子のレプリカント
04. セシルはセシル
05. 私は女
06. マリー・ラフォレはもう聞かせないで
07. 2/3 amino co de ji
08. シニアな記憶
09. 椿姫の夏
10. 太陽とクレッセント
<ボーナストラック>
11. マリリン&ジョンの微笑(Single Version)
12. 冷たい水
13. IL(イル)(ベッドの中では)
14. 家へ帰るの
15. Lobbyの生活
16. 光合成 cock-a-doodle-doo
17. 薔薇のしっぽ
18. 5才の子供

リンク

関連商品