放課後プリンセスきらめく夏に向けてシングル発売、舞花が参加する最後の作品に

307

放課後プリンセスが7月29日に両A面シングル「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」をリリースする。

放課後プリンセス

放課後プリンセス

大きなサイズで見る(全5件)

新型コロナウイルスによる影響が続く中、放プリは「音楽を通じて少しでも元気をお届けすることが使命」という思いからニューシングルを発表。楽曲には「楽しく盛り上がったそれぞれの夏を思い出すと共にまたときめくような夏を取り戻す」というメッセージが込められている。

放課後プリンセス「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」舞花 versionジャケット

放課後プリンセス「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」舞花 versionジャケット

また「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」がメンバーの舞花が参加する最後の作品になることが発表された。舞花はシングルのリリースに関する活動が終了次第、グループを卒業するという。彼女は本作について「煌く夏を…、ときめいたあの日常を…、今だからこそ『歌』のチカラで取り戻したいです。そんな願いを込めてラストシングルに挑みます。楽しい夏へ連れて行くので、どうか付いてきてください!」とコメントしているほか、「放課後プリンセスで学ばせていただいた多くのことに感謝し、自信を持って、1人の表現者として皆さんと夢を叶えていきたいです」と卒業後は宮下舞花名義で芸能活動、歌手活動を続けることを明かしている。

この記事の画像(全5件)

舞花 コメント

私、舞花は放課後プリンセスを卒業します。
放課後プリンセス卒業後は宮下舞花として芸能活動、歌手活動を続けていきます。
子供の頃から変わらない「歌い続ける」という思いを胸に、新しい一歩を踏み出す決意を致しました。

7月29日に発売する放課後プリンセスNEWシングル「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」が参加する最後の作品となります。
卒業時期はリリースに関する活動が終了次第を予定していますが未定となっています。放課後プリンセスとしてのラストライブなど、詳しいことが決まり次第お伝えさせて頂きます。

放課後プリンセスがプリンセスシリーズをお届けするようになってから「クレオパトラ」はずっとやってみたかったテーマでした。私自身ラストの作品がクレオパトラであることに運命を感じています。

私が皆さんと残してこれた全ての日々と、これから放課後プリンセスとして過ごせる最後の夏が「何千年経った今も尚、沢山の人に知られ、魅了し続けるプリンセス『クレオパトラ』」のように
熱く、忘れられることのない「永遠」になったら嬉しいです。

そして、現在不安な毎日が続いていますが私達にできることは「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」の楽曲を通して元気や勇気をお届することだと思っています。
煌く夏を…、ときめいたあの日常を…、今だからこそ「歌」のチカラで取り戻したいです。そんな願いを込めてラストシングルに挑みます。楽しい夏へ連れて行くので、どうか付いてきてください!

放課後プリンセスとして活動させていただいた6年間はどこを切り取っても後悔がないくらい全力で、温かく、大切な時間でした。
先輩方から受け継いだバトンを繋ぐこと、そして自分自身が放課後プリンセスとしてできることは全てやりきらせていただいたと感じています。
卒業のお話はかなり前から会社と相談していたのですが、卒業メンバーが相次ぐ中でグループを守るという責任があり今に至りました。
応援してくださるファンの皆様にはこのようなお知らせが続くこと申し訳なく思っています。
沢山の思いを背負って進んでいく新生放課後プリンセスは、今まで以上に素敵に輝いてくれると信じています。
だから私も放課後プリンセスで学ばせていただいた多くのことに感謝し、自信を持って、1人の表現者として皆さんと夢を叶えていきたいです。

応援してくださったファンの皆さん。
長い芸能活動の中で、再び人生を彩ってくれた放課後プリンセス。
こんな私を受け入れてくれた全てのメンバー。
社長、スタッフ、関係者の皆さん。
沢山の幸せを教えてくださり、本当にありがとうございました。

卒業までの残りの時間携わってくださった全ての皆様へ恩返しができるように感謝して駆け抜けたいと思います!
そして大好きな放課後プリンセスの楽曲達を、一つ一つ制作してきた当時の思いも馳せながら、大切に、私にしか歌えない歌を届けます。

放課後プリンセス
そして宮下舞花の応援をこれからもよろしくお願い致します。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

放課後プリンセス「灼熱のミステリーアイ / 絶世クレオパトラ」収録曲

01. 灼熱のミステリーアイ
02. 絶世クレオパトラ
03. 灼熱のミステリーアイ(instrumental)
04. 絶世クレオパトラ(instrumental)

放課後プリンセスのほかの記事

リンク

関連商品