畠山美由紀、蔡忠浩、折坂悠太らがコメント寄せるカウアンドマウス存続支援プロジェクト

96

音楽イベントの企画制作を行うユニット・カウアンドマウスがCAMPFIREで存続支援プロジェクトをスタートさせた。

カウアンドマウス存続支援プロジェクトのビジュアル。

カウアンドマウス存続支援プロジェクトのビジュアル。

大きなサイズで見る(全1件)

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、イベントの開催中止および延期を余儀なくされているカウアンドマウス。現時点で活動再開の見込みが立たないため、この支援プロジェクトを立ち上げた。集まった資金はイベント中止に掛かった費用の補填や今後の運営資金として使われる。リターンにはカウアンドマウスからのメッセージが届くシンプルプランのほか、イベントで利用できるライブチケットプラン、オリジナルグッズの販売プランなどが用意されている。

CAMPFIREのプロジェクトページには、畠山美由紀Port of Notes)、小島大介(Port of Notes)、蔡忠浩bonobos)、コトリンゴ、DadaD、伊澤一葉(東京事変the HIATUS、あっぱ)、折坂悠太、ゑでゐ鼓雨磨(ゑでぃまぁこん)、小池光子(ビューティフルハミングバード)、杉瀬陽子、福原希己江、ICHI、アレッシーズ・アーク、石田多朗から寄せられた応援コメントが掲載されている。

リンク

関連記事