カジヒデキが故郷・千葉県富津市の大佐和中学校校歌を書き下ろし

944

カジヒデキが、故郷の千葉県富津市にある富津市立大貫中学校と富津市立佐貫中学校が統合され、新たに誕生した富津市立大佐和中学校の校歌を制作した。

カジヒデキ

カジヒデキ

大きなサイズで見る

富津市のサイトではカジが書き下ろした富津市立大佐和中学校の音源と歌詞を公開中。音源は昨年10月の初旬にザ・なつやすみバンドの中川理沙をピアノと歌に迎えてレコーディングされた。故郷の中学校の校歌を手がけたことについてカジは「中学生という時代は、自由な発想力や想像力を育み大切な時。生徒の皆さんが、いつでも気持ちをオープンにして、良い友人と出会い、様々な経験や感動をし、将来、仕事でも何でも世界を目指す高い志を持つ人になって欲しいという願いを込めて、この曲を制作しました」とコメントしている。

カジヒデキ コメント

キラキラと輝く東京湾と、緑豊か鹿野山の美しい自然の中で育つ富津の子ども達は、ずっとピュアな気持ちを持ち続けると思っています。中学生という時代は、自由な発想力や想像力を育み大切な時。生徒の皆さんが、いつでも気持ちをオープンにして、良い友人と出会い、様々な経験や感動をし、将来、仕事でも何でも世界を目指す高い志を持つ人になって欲しいという願いを込めて、この曲を制作しました。そして同時に、いつまでも大貫や佐貫、富津を愛し続けて欲しいという願いも込めて。

カジヒデキのほかの記事

リンク