「VIVA LA ROCK」ゴールデンウィークの開催を断念、今夏を目指し日程協議中

1180

埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われるロックフェスティバル「VIVA LA ROCK 2020」および会場近辺で行われるフリーイベント「VIVA LA GARDEN 2020」が、当初予定していた5月2日から5日まででの開催を断念。新たな日程での開催を目指して協議中であることを発表した。

「VIVA LA ROCK 2020」ロゴ

「VIVA LA ROCK 2020」ロゴ

大きなサイズで見る(全3件)

今回の開催断念は新型コロナウイルスの感染拡大を受けての決定。「VIVA LA ROCK」事務局では感染拡大の影響が出始めた2月下旬から検証および協議を重ねた結果、現在の状況と今度の見通しを含めて当初のスケジュールでの開催は難しいという判断に至った。

延期日程は当初東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されていた7月下旬から8月頭を目指して協議中とのこと。さいたまスーパーアリーナはオリンピック・パラリンピックのバスケットボール会場として使用予定だった。この時期に会場の使用が可能で、新型コロナウイルスの感染状況が収束しており「ロックフェスらしいロックフェスが開催できる」と判断された場合のみ延期公演が行われる。

チケットはいったんすべて払い戻しが実施される。払い戻しの詳細は4月10日12:00に発表予定。なお明日4月7日12:00からはイープラスの通販サイトにて、5月の会場で販売を予定していた公式グッズの販売が行われる。

「VIVA LA ROCK」は2014年に初開催され、今年で7回目を迎えるロックフェスティバル。今年は3月5日の段階で91組の出演アーティストが発表されていた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

この記事の画像(全3件)

リンク