アーバンギャルド、結成前夜からメンバー間の軋轢まで語った初の自伝本「水玉自伝」刊行

314

アーバンギャルド初の自伝本「水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~」が4月27日に刊行される。

アーバンギャルド「水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~」表紙

アーバンギャルド「水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~」表紙

大きなサイズで見る(全2件)

水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~(通常版)

アーバンギャルド「水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~(通常版)」
Amazon.co.jp

「水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~」は、浜崎容子(Vo)と松永天馬(Vo)がそれぞれの生い立ちからバンド結成、現在までの歩みをライターの藤谷千明を聞き手に迎えて語り下ろしたもの。結成前夜のエピソードや、楽曲やアルバムの誕生秘話、メンバー間の軋轢など、これまで語られてこなかったトピックスが満載となっている。さらにプライベート秘蔵写真が多数掲載されるほか、おおくぼけい(Key)による自伝も加筆される。

この自伝本は通常版と初回限定BOXの2形態で販売される。初回限定BOXは100部限定となっており、同梱内容は後日アナウンスされる。

4月19日には東京・LOFT9 Shibuyaで自伝本の出版記念イベント「語らう水玉自伝」が開催される。会場では「水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~」の先行販売も行われる。

この記事の画像(全2件)

水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~ 刊行記念イベント・語らう水玉自伝

2020年4月19日(日)東京都 LOFT9 Shibuya
OPEN 11:30 / START 12:30

関連記事

アーバンギャルドのほかの記事

リンク

関連商品