音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

ピエール中野プロデュースのイヤフォン制振アクセサリー“ピチップ”発売

261

「レゾナンス・チップ・ピエール」バナー

「レゾナンス・チップ・ピエール」バナー

凛として時雨のピエール中野(Dr)プロデュースによるイヤフォン、ヘッドフォンに特化した制振アクセサリー「レゾナンス・チップ・ピエール」が4月中旬に発売される。

「レゾナンス・チップ」は1998年の発売からロングセラーを続けるレクストによる制振アクセサリーシリーズ。動吸振器の原理を音質チューニングに応用した製品となっている。同シリーズの新作となる「レゾナンス・チップ・ピエール」通称“ピチップ”はイヤフォンやヘッドフォン本体に貼り付けて使用。レクストWebサイト内の製品ページには「音楽に不要な微振動を、ピチップが逃がすように制振することで、より音楽が活き活きと鳴り出す音質向上効果が得られます」と書かれている。

ピチップは2個入りで2200円。シャンパンゴールドのチップ表面にはピエール中野ロゴの“バイブスくん”が刻印される。

ピエール中野 コメント

RECエンジニアやピュアオーディオ界隈では当然のように使ってる人が多く、その効果は長年の販売実績と信頼によって証明されているレゾナンスチップ。

レゾナンスチップは制振によって音質を変化させる。動吸振器の仕組みだ。振り子の原理で振動を繊細にコントロールする。ちょっと難しく聞こえるかもしれないけど、頑張って最後まで読んで欲しい。前提としてスピーカーもイヤホンも、振動によって音を鳴らす仕組みだ。

わかりやすく振動が音に与える影響について説明すると、お風呂場で声を出すのと、布団の中で声を出す違いはイメージしやすいだろう。両手を叩いたときにくっつけたままにするか、すぐに離すかでも音の変化がある。また、その離すタイミングで良い手拍子の音を作れる。これも振動をコントロールして音を変化させているということ。

チップを貼っただけで音質を変えるなんてオカルトだと揶揄される事もあり、最初は正直どんな仕組みかわからず、RECエンジニアにオススメされるがままAVIOT TE-BD21f-pnk(通称:ピヤホン)に装着してみたのが始まりだった。

実際に試してみると、明らかに音が変わった。解像度が上がり、低域が整って、情報量がグッと上がる。

これは感動体験だと思い、もしポータブルオーディオ用のレゾナンスチップがあったら、凄い事になるだろうと、レクストに頼んで開発してもらう事になった。

何種類か試して、意見交換を重ねる。そして、レクストの持つ技術を惜しみなく投入した大傑作と言えるチップの開発に成功。

早速ピヤホンに貼って聴いてみたところ、解像度の向上、全帯域の音質整理、情報量の増加、そして、何より高域が澄み渡る美しい音を奏でるようになった。

有線ピヤホンでも同様の効果が得られた。イヤホンの特性によってその変化も様々なので、いろんなイヤホンで試したくなる。

まさにポータブルオーディオ専用設計の特別なレゾナンスチップ。正式名称は「レゾナンス・チップ・ピエール」で、通称は「ピチップ」に。

ぜひこの感動を体験してみてください。
音楽が、ポータブルオーディオが、もっと好きになります。

音楽ナタリーをフォロー