音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

「お前らもさらけ出せるよな!」鶯籠、リキッドワンマン「修羅場」で競泳水着に

60

鶯籠「修羅場」の様子。(撮影:斉藤明)

鶯籠「修羅場」の様子。(撮影:斉藤明)

鶯籠の2ndワンマンライブ「修羅場」が昨日2月7日に東京・LIQUIDROOMで開催された。

鶯籠は「overture」に合わせてステージに登場するやいなや、2月19日にリリースするメジャーデビューシングル「FLY HIGHER AGAIN」をいきなり披露。バンドによる演奏をバックに、ふなっしーが手がけた歌詞を歌い上げて序盤からフロアを沸かせる。続いて1人ずつ自己紹介した5人は、PINOCOの「さっそく突っ走っていけますか?」という煽りを合図に「泪」「JAM」「嘴」といったシリアスな雰囲気のナンバーを畳みかけた。怒涛の連続パフォーマンスを経て、駄好乙は「ここまで飛ばしてきましたが、汗だくだくですか?」とメンバーに問いかけ、ばんぱいあは「暑かったらどうするの?」と口数の少ない点点に話を振る。それ対して点点が「脱ぐしかないじゃないですか!」と答えると、フロアからは大きな歓声が。駄好乙はランニングウェア、ほかの4人は競泳水着という事前に告知していたこの日限定の特別衣装をお披露目した。

そして駄好乙の「ここまでさらけ出したんだから、お前らもさらけ出せるよな!」という煽りと共にライブはクライマックスへ。メンバーは「1945 A.D.」「自分で蒔いたの。種を。」「summer snow」「鶯肌」などを次々にパフォーマンス。彼女たちが「すごいあっという間」と感慨に浸っていると、ファンからサプライズの花束のプレゼントが手渡された。

アンコールでは「FLY HIGHER AGAIN」を作曲したRENO(ex.ViVi)がゲストギタリストとしてステージに呼び込まれる。鶯籠はRENOとトークを交わしたのち、この日限定の特別なバンド編成で「黒い雨」「FLY HIGHER AGAIN」の2曲を披露。駄好乙は「RENOさんに作曲していただいた『FLY HIGHER AGAIN』、鶯籠の既存曲『黒い雨』めっちゃかっこよかったです!」と興奮気味に話し、「今日来ていただいた皆様本当にありがとうございました!」とファンに向けて感謝の気持ちを伝えた。

鶯籠「修羅場」2020年2月7日 LIQUIDROOM セットリスト

01. overture
02. FLY HIGHER AGAIN
03. 泪
04. JAM
05. 嘴
06. 1945 A.D.
07. 自分で蒔いたの。種を。
08. 鶯演義
09. summer snow
10. GOMIBAKO
11. 鶯肌
<アンコール>
12. 黒い雨
13. FLY HIGHER AGAIN

音楽ナタリーをフォロー