音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

田村侑久が大興奮「実物の10倍盛れてる!」ボイメン×祭nine.×BMK合同季刊ムック本発売

1165

「F.ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』VOL.1・2020冬」の発売記念イベントの様子。

「F.ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』VOL.1・2020冬」の発売記念イベントの様子。

BOYS AND MEN水野勝田村侑久辻本達規本田剛文土田拓海吉原雅斗が本日2月6日に東京・福家書店新宿サブナード店で行われた「F.ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』VOL.1・2020冬」の発売記念イベントに登壇した。

「F.ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』」は、フォーチュンエンターテイメントに所属するBOYS AND MEN、祭nine.、BOYS AND MEN 研究生のメンバーが登場する季刊のムック本。本日発売された第1号では、メンバーごとのグラビアページやグループの垣根を越えたコラボレーション企画、また2019年12月に開催されたイベント「ボイメン学園 文化祭2019」の密着レポートなどが収録されている。

ムック本の感想を尋ねられた本田は、メンバー9人での撮影を振り返り「ボイメンも平均年齢が27、8歳になってきたりする中で、メンバー全員が公園のすべり台で遊んでいる姿というのはなかなか見てもらえないと思う。ここだけでしか見られないカットもあるので、すごく気に入っています」と語った。辻本は「僕は撮影中にひさしぶりに木登りをしたんですけど、そのカットを表紙のすぐ裏側に使ってもらえてすごくうれしかった。季刊誌ということで年に4回出るから……今後も木に登りたいなと思ってます」と発言。続いて田村は「僕のお気に入りは自分のページなんですけど、実物の10倍盛れてるんですよ! これ、生で見られたときに大丈夫かなっていうくらい(笑)」と興奮気味にアピールした。

次に話題は本誌の目玉である田村、横山統威(祭nine.)、佐藤匠(BOYS AND MEN 研究生)による鼎談企画へ。この組み合わせでの撮影とトークは初めてだったという田村は「この座談会で、普段後輩たちが僕たちに対してどんなふうに思っているかを感じることができたので、改めていい先輩で居続けようと思いました!」とはつらつとコメント。すると隣で静かにムック本を読んでいた辻本が、後輩2人と写っている田村の写真を指差し「これ、(横山)統威は嫌がってないの?」とツッコミを入れると、写真を確認した田村が「これ……統威は嫌がってますね! この写真今から消すことってできますか!?」と焦る一幕もあった。

また「今後ムックで季節ごとにやってみたいことは?」という記者からの質問に対しては、辻本が「夏に、海で、みんなで、海パンで、バーベキューしたいです!」と元気よく即答。続いて田村が「3グループ合同で“どんちゃん騒ぎ”のお花見がしたい!」と提案すると、吉原が人生で1度もお花見をしたことがないと明かし「そういう“どんちゃん騒ぎ”のお花見、ここに需要ありますよ!」と笑顔で挙手した。一方土田は、後輩たちを交えて私服のファッションセンスを競うコンテンストをしてみたいと発言。「ムック本を買ってくれた人に投票してもらって、誰が一番私服のセンスあるかを決めるとか」とアイデアを披露した。すると辻本は「抜き打ちでやったら、タムタムはライブのグッズTシャツにシャワーサンダルで来るでしょ?(笑)」と田村をからかい会場の笑いを誘った。

最後にリーダーの水野が、グループを代表して2020年の意気込みを発表。「今年は東京オリンピックなどビッグイベントがたくさんありますが、僕たちBOYS AND MENも結成10周年ということで、面白い企画をいろいろ企んでいます。これまで10年間も続けてこられたという感謝の気持ちを、皆さんにいろんなかたちで返していくような1年にできたらと思います」と力強く語り会見を終えた。

また2月下旬に、BOYS AND MEN、祭nine.、BOYS AND MEN 研究生のオフィシャルファンアプリ「ボイメン 祭nine. BMK ~Secret Message~」が配信されることが決定。リリースに先がけて本日2月6日から事前登録の受付がスタートした。このアプリでは3グループの各メンバーのメッセージを受信したりファンレターメッセージを返信することができ、「F.ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』VOL.1・2020冬」との連動コンテンツも展開される。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー