宮川愛李ワンマンツアーでサプライズに感激「みんなに感謝の気持ちを伝えていきたい」

1969

宮川愛李が12月20日に東京・渋谷ストリームホールでワンマンライブツアー「あったまっていきなよ~!!!」の最終公演を行った。

宮川愛李(撮影:達川範一)

宮川愛李(撮影:達川範一)

大きなサイズで見る(全12件)

宮川愛李(撮影:達川範一)

宮川愛李(撮影:達川範一)[拡大]

宮川愛李(撮影:達川範一)

宮川愛李(撮影:達川範一)[拡大]

幻想的なSEが流れ、白いクリスマスツリーが飾られたステージにスモークが立ちこめる中、バンドメンバーと宮川が登場。彼女は巻き起こった大きな歓声に一瞬笑顔を見せたが、すぐに表情を切り替えて「ハジメマシテ」でライブの幕を開け、ロックチューン「RAKKA↓KKA」で満場のフロアを沸かせた。「“あったまっていきなよ~!!!”というツアータイトル通り、冬に凍えてしまった心を私の歌で今日はポカポカにして、アツアツにして、汗だくにして帰っていただきたいと思っています。最後までヨロシク!」と挨拶した宮川は「星が泣いた夜に」「アマイロ」を感情豊かに歌唱。「日本の夏を代表する誰しもが聴いたことのある名曲」と紹介してフジファブリック「若者のすべて」のカバーを披露したあと、デビューミニアルバムのタイトル曲「スマホ映えの向こうの世界」をエモーショナルに歌い上げた。

宮川愛李(撮影:達川範一)

宮川愛李(撮影:達川範一)[拡大]

androp「Hikari」のカバーを届けた宮川は、ここでバンドメンバーを紹介するとメンバーとの軽快なやり取りで場内を温める。コレサワ「SSW」のカバーではオーディエンスが盛大なクラップで宮川のパフォーマンスを後押し。「熱い!」とそれまで着ていた上着を脱いだ宮川は「声もっと出せる? 盛り上がっていけんの?」とフロアを煽ると、大人の表情を覗かせた「メランコリック」や彼女の兄であるみやかわくんこと宮川大聖が書き下ろした「欠落カレンドラ」といったナンバーを怒涛の勢いで披露していった。

ライブ終盤、宮川は「すごく不器用だし、何か秀でた才能があるわけでもないし、たまに不安になることもあります。みんなに気持ちが伝わっているかなとか、こんな私についてきてくれるかなとかたくさんたくさん思うけれど、それでも全力で歌って、大好きな歌で、大好きなみんなに感謝の気持ちを伝えていきたいと思っています」と思いを語る。そして「いつもは心にパッと思いつく大切な人のことを思いながら聴いてくださいと言っていますが、今日は私から大好きな大切な皆さんに向けて歌いたいと思います」と告げると、1stシングル「Sissy Sky」のカップリング曲「夕立ち」を歌い上げた。

宮川愛李「あったまっていきなよ~!!!」東京・渋谷ストリームホール公演の様子。(撮影:達川範一)

宮川愛李「あったまっていきなよ~!!!」東京・渋谷ストリームホール公演の様子。(撮影:達川範一)[拡大]

クリスマスデザインのカチューシャを付けた宮川とバンドメンバーが登場して始まったアンコールでは、12月28日に19歳の誕生日を迎える宮川にバースデーケーキがプレゼントされ、バースデーソングが会場全体に響きわたった。サプライズに喜びを爆発させた宮川は最後に1stシングルの表題曲「Sissy Sky」を披露。情熱的な歌声を会場に響かせてライブに幕を下ろした。

この記事の画像(全12件)

宮川愛李のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 宮川愛李 / 宮川大聖 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。