Da-iCE新曲をさかいゆうがプロデュース、シングル全曲ダイジェスト映像公開

2988

Da-iCEが12月18日にリリースするニューシングル「BACK TO BACK」の収録曲「VELVET EYES」をさかいゆうがプロデュースしたことが明らかになった。

左から大野雄大、さかいゆう、花村想太。

左から大野雄大、さかいゆう、花村想太。

大きなサイズで見る(全8件)

Da-iCE

Da-iCE[拡大]

BACK TO BACK(初回限定盤A)

Da-iCE「BACK TO BACK(初回限定盤A)」
Amazon.co.jp

BACK TO BACK(初回限定盤B)

Da-iCE「BACK TO BACK(初回限定盤B)」
Amazon.co.jp

BACK TO BACK(通常盤)

Da-iCE「BACK TO BACK(通常盤)」
Amazon.co.jp

「VELVET EYES」は作詞、作曲、編曲のみならず、レコーディングからトラックダウンまでをさかいが手がけたミッドチューン。オファーを受けてDa-iCEの過去の作品を聴いたというさかいは、ボーカリスト花村想太と大野雄大それぞれの特徴的かつ対照的な声に「自分のオリジナルでは絶対できない事ができる!」と予感したという。

またYouTubeではニューシングルの収録曲をダイジェストで聴くことができるティザー映像が公開された。

この記事の画像・動画(全8件)

さかいゆう コメント

オファーを頂き、過去の作品を色々聴かせていただきました。想太くんと雄大くんの声がとても特徴的で、しかもお二人が対照的な声色で、これは「自分のオリジナルでは絶対できない事ができる!」と思いました。僕が感じとったのは、彼らの「大人フレッシュEros」でした。これまでのDa-iCEとは一味違うテイストをDa-iCEのことがダイスきな人はもちろん、Da-iCEのことを知らなかった人にも、「ん?この曲ヤバくない?」と、色んな方々に届いてくれたら心から幸いです。
リズム隊は、今年僕も見に行っていたフェスイベント「PLAYBOY JAZZ FESTIVAL」でL.A.ハリウッドボールを一番盛り上げていたシーラ・EバンドのドラムJohn McVickerとベースRaymond Mckinleyに、プリンスのニュー・パワー・ジェネレーションズのメンバー経験のあるスーパーギタリストKat Dysonが担当してくれています。Da-iCEのパフォーマンスが素晴らしいのは言わずもがな、このバンドメンバーでしか出せないグルーヴも感じていただけたら幸いです。

全文を表示

関連記事

Da-iCEのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Da-iCE / さかいゆう の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。