音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46がキュートなサンタクロースに、献血イベントで明かした“願い”とは

308

乃木坂46

乃木坂46

乃木坂46齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈山下美月、与田祐希が本日12月2日に東京・クラブeXで行われた「みんなの献血」クリスマスPRイベントに出席した。

乃木坂46の5人は、献血つながりプロジェクト「みんなの献血」のイメージキャラクターを務めている。この日のイベントはクリスマスを前に「みんなの献血」をさらに盛り上げるべく実施され、メンバーはクリスマスシーズンを意識した赤と白のサンタクロース風衣装で報道陣の前に姿を見せた。

司会者に衣装の着心地とクリスマスの思い出を問われると、齋藤は「去年のクリスマスは4期生も入ったばかりのタイミングだったので、事務所の1部屋を飾り付けて食べ物を並べて、みんなでちょっとしたパーティのようなものを開きました」とコメント。子供の頃の思い出について聞かれた堀は、サンタクロースに何年も「犬が欲しい」とお願いしていたものの叶わず、両親から「生き物だからサンタさんも届けられないんだよ」とアドバイスをもらったそうで「その次の年からはブーツやドレスなど、現実的なお願いを書くようになりました(笑)。今は犬を2匹大切に飼っているのですが、サンタさんにもらえるものともらえないものがあるんだな、と学びました」と茶目っ気たっぷりに明かした。

サンタクロースへ願い事を伝えるクリスマスにちなみ、5人はイベントの中で闘病中の患者や闘病経験のある人から募った「願い」についてのエピソードを代読。加えて、クリスマスツリーに飾るハート型のオーナメントにつづった自身の「願い」を1人ずつ発表した。「献血で希望の光が輝きますように」と書いた星野に続き、山下は「みんなと繋がりたい」とメッセージを記入。齋藤は「同世代の人たちと一緒に広げていきたい」と「みんなの献血」での活動にかける思いを記し、堀は「子どもたちの願いを伝えていきたい」と書いて「輸血を受ける方の思いを私たちが代表して伝えていきたいと強く思いました」と思いを語る。そして最後に、与田は「みんなで助け合いたい」というメッセージを発表した。

5人がオーナメントをクリスマスツリーに飾り付けたところで、イベントは終幕。最後に齋藤はメンバーを代表して「献血を当たり前に感じてもらうことを目標に、この『みんなの献血』は立ち上がりました。私は自分たちが身近にできる人助けが、献血だと思っています。同年代の人たちが協力していくことが、みんなの未来を明るくする鍵だと思っていますので、皆さんご協力をよろしくお願いします」と呼びかけた。

音楽ナタリーをフォロー