音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

=LOVE、U字工事を相手に早泣き対決!「ズルいよ ズルいね」発売記念会見で大盛り上がり

189

左から=LOVE、U字工事、≠ME。

左から=LOVE、U字工事、≠ME。

=LOVEが本日11月5日にソニー・ミュージックエンタテインメントの本社にて最新シングル「ズルいよ ズルいね」のリリースを記念した記者発表会を行った。

10月30日に通算6枚目のシングルとして「ズルいよ ズルいね」を発売した=LOVEは、記者発表会に漫才コンビのU字工事をゲストとして迎え、大人な失恋ソングである同曲にちなんだトークを展開。佐々木舞香が「ズルいよ ズルいね」という曲名をU字工事の「ごめんねごめんね~」というギャグと同じ発音で呼んでいたことを明かすと、U字工事の2人は「やっててよかったー」と喜びの笑みを浮かべる。「最近ズルいと思ったこと」というトークテーマでは、音嶋莉沙が売り切れて買えなかったリップクリームをメンバーが堂々と使っていたという女の子らしいエピソードでU字工事を萌えさせ、諸橋沙夏は「メンバーの半分以上が指原さんと2人でごはんに行ってるんですけど、私はまだないんですよ!」と=LOVEのプロデューサーである指原莉乃に対して不満を訴えていた。

メンバーが泣きの演技に挑戦した「ズルいよ ズルいね」のミュージックビデオの話題では、緊張して撮影で苦戦したという野口衣織が「私は朝が早かったので、『こうやって泣きの演技をしているときにみんなまだ寝てるんだな』と思ったら悔しくて泣けました(笑)」と告白する。話の流れで佐竹のん乃が群馬出身であることが明らかになると、栃木訛りのネタでおなじみのU字工事が「田舎じゃないですか! けっこう上からいけるなこれ」とテンション高く接するひと幕もあった。また=LOVEはU字工事を相手に、30秒の間に涙を流した人が勝利するという“早泣き対決”に挑戦。「ズルいよ ズルいね」でセンターを務める齊藤なぎさが「ここでも泣いて=LOVEのプロフェッショナルな部分を見せないと。U字工事さんに勝ちます!」と宣言するも、結果として誰1人として涙を流せず。目が潤んだメンバーはいたが、勝負は引き分けに終わった。

その後、ステージにはシングルのカップリング曲の1つ「『君の音だったんだ』」を歌う=LOVEの姉妹グループ≠MEも登場。冨田菜々風は「≠MEの『M』を表す振りがたくさん出てくるので、ぜひそこに注目してほしいと思います!」と楽曲をアピールした。「『君の音だったんだ』」のタイトルにちなみ、流れる音を聞いてどの動物の鳴き声かを当てるゲームも行われ、=LOVEと≠MEのメンバーたちは大盛り上がり。最後に昨年6月にリリースされたU字工事のデビューシングル「ビギン・ザ・ギンザ」が流れるというオチで記者発表会が終了した。

記者発表会後には「ズルいよ ズルいね」がオリコンのデイリーおよびウィークリーチャートで1位に輝いたことについて、指原の「=LOVEのデビュー当時のことを思うと感慨深いです。引き続き師匠の秋元康先生の遠い背中に近付けるようにがんばります」という言葉が紹介される。マスコミ向けの囲み取材では、なぎさが「今回私は初センターを務めさせていただいて、すごく緊張していたし、不安がたくさんあったんですけど、今回初めてデイリーでもウィークリーでも1位をいただいて。1stシングルからずっとみんなで1位を目標にしてがんばってきたので、すごくうれしいです」とコメント。U字工事の益子卓郎は「『紅白歌合戦』とか出て、ゆくゆくはとちぎテレビの『うたの王様』に出てほしいですね」「ぜひスナックのほうで広めたいと思います」と話して会場に笑いを起こした。

また指原からアドバイスされたことを聞かれると、なぎさは「歌に抑揚がないという意見をいただいたことで頭の中で整理できて、本番のレコーディングで抑揚を付けられたので、指原さんにアドバイスをいただいてなかったらこういう曲になってなかったと思います」と語り、野口は「MVで1人ひとりに設定があるんですけど、私は悲惨な振られ方をする設定で、『ありがとう』という歌詞にどうしても感情移入できなくて。指原さんに『どうしたらいいですか?』と聞いたら、『この曲の女性は彼よりも歳上なのかもね。だから強がってそう言ってしまったのかもしれないね』という言葉をいただいて腑に落ちました」という裏話を明かした。

音楽ナタリーをフォロー