音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

スフィア、結成10周年記念アルバム携えたツアーに幕「いつだってみんなのそばに」

1119

スフィア

スフィア

スフィアが10月27日に千葉・幕張イベントホールで全国ツアー「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live tour 2019 "A10tion!"」のファイナル公演を開催した。

今年結成10周年を迎えたスフィアが、10thアニバーサリーアルバム「10s」を携えて行ったこのツアー。スフィアはバンドサウンドに乗せて、アルバムの収録曲を中心に全22曲を披露した。

白い衣装を身にまとったスフィアは、最新アルバムの1曲目「Music Power→!!!!」でライブをスタート。メンバー全員が作詞参加してスフィアへの思いを紡いだこの曲を、4人はまっすぐに前を見据えながら歌い上げた。ライブ序盤には、最新アルバムの中でもメンバーそれぞれにフォーカスを当てた個性あふれる楽曲が並ぶ。寿美菜子にフィーチャーしたロックナンバー「My Sweet Words」で4人は花道を歩き、観客が取り囲むセンターステージへ移動。エモーショナルな歌声で客席から割れんばかりの熱いコールを浴びた。さらに高垣彩陽をフィーチャーしたクラシック調の「パルタージュ」を続け、しなやかな振り付けと優美なメロディでオーディエンスを魅了。豊崎愛生をフィーチャーしたカントリー調の楽曲「SPOTLIGHT」では、温かなメロディに合わせてオーディエンスのハンドクラップが響きわたる。戸松遥をフィーチャーしたアッパーチューン「CITRUS*FLAG」では、メンバーも観客も“シトラス”のイラスト入りのフラッグを力いっぱい振ってライブを楽しんだ。

4人の息の合った美しいハーモニーが響きわたった「When You Feel Love?」を経て、ライブはソロコーナーへ。まずは寿がロックナンバー「Bubblicious」をパワフルにパフォーマンス。戸松はテレビアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」のオープニングテーマである新曲「Resolution」を披露し、スケール感のあるメロディで会場を包み込んだ。豊崎は「一千年の散歩中」をゆったりと歌唱し、幻想的な空間を生み出す。高垣はテレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアXV」のエンディングテーマである最新シングル曲「Lasting Song」を重厚なサウンドに乗せて力強く歌い上げた。またスフィアはライブで恒例となっているオリジナルストーリーの朗読劇も披露。4人が時空を超えて2009年2月15日の結成日のスフィアに会いに行く物語を繰り広げ、その中でデビュー曲「Future Stream」をさわやかにパフォーマンスした。

軍服風の衣装に着替えたスフィアは、凛とした佇まいでシンフォニックなロックナンバー「Absolute Pride」を披露する。そして荘厳な空気をまとったまま、影山ヒロノブが作詞作曲したJAM Projectとのコラボ曲「鋼のVictress」へ突入。激しいメタルサウンドと共にステージ下から炎が吹き上がり、場内は燃えるような真っ赤なペンライトの光に染まった。ライブ後半には4人それぞれが推薦する楽曲の中からダーツで選曲するルーレットコーナーが設けられ、この日は豊崎が挙げた「キミが太陽」に決定。スフィアは軍服を脱いでメンバーカラーの衣装にチェンジし、晴れやかにこの曲を歌い上げた。その後スフィアはセンターステージで「HIGH POWERED」「GO AHEAD!!」を続け、360°に向けたエネルギッシュなパフォーマンスで会場を盛り上げる。最後には華やかに輝くミラーボールの下で「Future Is Now!」を歌い、金のテープが舞う美しい光景の中、4人はスフィアポーズを決めてステージをあとにした。

アンコールで再びステージに現れたスフィアは「Pl@net Spheres!!」を明るく届けたあと、10月にリリースした特撮テレビドラマ「ウルトラマンタイガ」のエンディングテーマ「Sign」をまっすぐに歌い上げた。そして4人はいよいよ最後の挨拶へ。戸松は「やっぱりライブって本当に楽しいものだなって心から感じることができるひと時でした。私はライブがすごく好きなので、こうやって直接皆さんとお会いできる機会があるのが本当に幸せ」と目を輝かせ、「スフィアを好きになってくれて本当にありがとうございます! これからも一緒に楽しい思い出をいっぱい作っていきましょう!」と呼びかける。寿は「『Future Is Now!』で金のテープがキラキラ舞っている景色を見ながら、私はこの景色を一生忘れないんだろうなと思いました」としみじみと語り、「そういう思い出を今日も皆さんとまた積み重ねられたこと、このツアーで思いをつなげてこられたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!」と感謝を伝えた。高垣はこの10年間を感慨深げに振り返り、「スフィアがこれからどうなっていくのかみんなドキドキしてると思うんですけど、2020年からも私たちらしく歩んでいきたいと思っています。皆さんも皆さんらしく歩んで行って、人生の先でどうか私たちの存在をそばに置いていてもらえたらうれしいです」と思いを伝える。豊崎は「これからも前代未聞のユニットとして、ベテラン声優アイドルユニットとしてがんばっていきたいと思っています!」と意気込み、「何歳になっても、いつだってみんなのそばにいるスフィアでいたいと思います」と朗らかに語った。最後に4人はセンターステージで「LET・ME・DO!!」を生き生きとパフォーマンス。オーディエンスの笑顔に囲まれながら、4人は晴れやかにアニバーサリーイヤーのツアーを終えた。

なおスフィアは2020年2月15日、16日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで全曲ライブ「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2020 “スフィアだよ!全曲集合!!」を開催する。スフィアのオフィシャルサイト「sphere portal square」では、チケットの先行予約を11月17日まで受け付けている。

スフィア「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live tour 2019 "A10tion!"」2019年10月27日 幕張イベントホール セットリスト

01. Music Power→!!!!
02. Miracle shooter
03. My Sweet Words
04. パルタージュ
05. SPOTLIGHT
06. CITRUS*FLAG
07. When You Feel Love?
08. Bubblicious / 寿美菜子
09. Resolution / 戸松遥
10. 朗読劇~Future Stream
11. 一千年の散歩中 / 豊崎愛生
12. Lasting Song / 高垣彩陽
13. best friends
14. Absolute Pride
15. 鋼のVictress
16. キミが太陽
17. HIGH POWERED
18. GO AHEAD!!
19. Future Is Now!
<アンコール>
20. Pl@net Spheres!!
21. Sign
22. LET・ME・DO!!

LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2020 “スフィアだよ!全曲集合!!いちにちめ”

2020年2月15日(土)東京都 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2020 “スフィアだよ!全曲集合!!ふつかめ”

2020年2月16日(日)東京都 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

(撮影:佐藤薫、高橋定敬)※高橋定敬の「高」ははしご高が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー