音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

椎名林檎ベストに宇多田ヒカルとデュエットした新曲「たいへん面白いプログラムでした」

31486

椎名林檎と宇多田ヒカル。

椎名林檎と宇多田ヒカル。

椎名林檎が11月13日にリリースするオールタイムベストアルバム「ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~」に宇多田ヒカルとのデュエット曲「浪漫と算盤 LDN ver.」が収録されることが明らかに。YouTubeでは楽曲のミュージックビデオが公開された。

1998年に東芝EMIからデビューした同期である椎名と宇多田。2人が共演するのは、宇多田が2016年9月に発表したアルバム「Fantome」の収録曲「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」以来となる。新曲「浪漫と算盤 LDN ver.」は作詞と作編曲を椎名が手がけ、管弦打楽器の編曲を村田陽一が担当した楽曲で、ヒイズミマサユ機がピアノ、鳥越啓介が五弦ベースの演奏で参加しているほか、アビー・ロード・スタジオで収録されたロンドンフィルハーモニック・オーケストラの演奏が収められている。

デュエット曲の制作について椎名は「たいへん面白いプログラムでした」、宇多田は「今回は椎名林檎ワールドどっぷりの新曲とMVに参加できてとても嬉しいです」とそれぞれコメント。またMVの監督を務めた映像ディレクターの児玉裕一は、映像について「神々の戯れをどうぞご覧ください」と述べている。この曲はアルバムリリースに先駆けて明日11月2日0:00に先行配信される。

椎名林檎 コメント

「浪漫と算盤」制作に当たって

たいへん面白いプログラムでした。ご参加くださった宇多田ヒカル氏はじめ、村田陽一せんせい、演奏家のみなさんへ、改めてお礼申し上げたいです。ありがとうございました。

新たな作品に着手する際、わたしはいつも、なにかしら初めての試みをするようにしております。今回はとにかく、和声から旋律からなにから、いつもみたく扇情的にせぬよう注意深く編みました。ヒカル氏の声の成分がよく馴染む、酸素や水のような曲にしたくて。いつになくまろやかな響きを、味わっていただけますと幸いです。

言葉についても、本作では少々挑戦しています。或る日ヒカル氏が「それはゆみちん(椎名のこと)ならうまいこと書きそう」などと共通の知人らと話していたらしいテーマが「ロマンとソロバン」でした。半年ほどまえ小耳に挟んで以来「受けて立とうぞ」と力み続けた結果、仕上がったのがこの作品です。唄うのにやや照れました。

なお、二十年間、頑なに「国産採れたて」に拘って参りましたものの、これからさきはもっとのびのび自由奔放に書きたいです。どうぞ今後なお一層、よろしくお願い致します。
(などなど現場から愛を込めて…「初めまして」「改めまして」のベスト盤もご用意しました。)

椎名林檎

宇多田ヒカル コメント

林檎ちゃんとのデュエットは3回目になりますが、過去のカーペンターズのカバー、私の楽曲に客演していただいたケース、を経て、今回は椎名林檎ワールドどっぷりの新曲とMVに参加できてとても嬉しいです。長丁場のMV撮影の待ち時間も、こんなに楽しく笑って過ごしていいのかというくらい楽しく過ごせて、全てが贅沢な時間でした。これからが楽しみです。

宇多田ヒカル

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー