音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

浦島坂田船が恒例ハロパで霊に憑依されたcrewと舞踏会、クリスマスソングもプレゼント

35146

浦島坂田船「Happy Halloweeeen 浦島坂田幽霊船~ようこそ令和元年 やっぱり霊はあかんねん 憑依GO!~」神奈川・横浜アリーナ公演の様子。(撮影:小松陽祐[ODD JOB]、堀卓朗[ELENORE])

浦島坂田船「Happy Halloweeeen 浦島坂田幽霊船~ようこそ令和元年 やっぱり霊はあかんねん 憑依GO!~」神奈川・横浜アリーナ公演の様子。(撮影:小松陽祐[ODD JOB]、堀卓朗[ELENORE])

浦島坂田船が10月24日に神奈川・横浜アリーナでハロウィンライブ「Happy Halloweeeen 浦島坂田幽霊船~ようこそ令和元年 やっぱり霊はあかんねん 憑依GO!~」を行った。

10月末の恒例行事となっている浦島坂田船のハロウィンライブ。7月から10月6日にかけて行われた全国ツアー「浦島坂田船 SUMMER TOUR 2019 ~浦島theカジノ船 俺たち愛$、今夜お前とBETイン~」の打ち上げとしての意味合いも兼ねており、仮装した crew(浦島坂田船のファンの呼称)も数多く集まった会場は開演前からパーティ感にあふれていた。

今回のライブのテーマは“舞踏会”。オープニングムービーでは300年ほど前に皇帝派と教皇派に分かれて憎み合っていた2つの名家が、不毛な争いを終えるために舞踏会を開催したというストーリーが語られる。この舞踏会をきっかけに平和が訪れるはずだったが、会場に乱入した盗賊が舞踏会の参加者を皆殺しに。殺された人々は霊となって今もこの世をさまよっており、100年に1度、生身の人間に憑依して舞踏会を開くのだという。

ここで不気味な笑い声と共にパンプキンがスクリーンに出現。この公演こそがその舞踏会であり、集まったcrewは霊が憑依するための器であることが明かされると、ダークな新曲「HORRORISM」が響きわたり、うらたぬきは悪魔、志麻は足軽のゾンビ、となりの坂田。は神父、センラは貴族の姿で現れる。ステージから炎が吹き上がる中、横一列に並んだ4人はフロアを見下ろしながら、その歌声を響かせ、会場は悲鳴のような大歓声で包まれた。2曲目の「グリムメイカー」からはダンサーもライブに参加。ステージに設置された階段を降りた浦島坂田船はアッパーチューンを次々と披露し、舞踏会を盛り上げていく。センターステージで「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」を歌い踊った4人は、メインステージに戻ると「Happy Halloween」を妖しくパフォーマンス。続けて「ハロウ!ゴーストシップ」をキャッチーな振り付けと共に歌い、会場に一体感を生み出した。

うらたと坂田がデュエット曲「Trip-Trap, Love Trap!!」を歌い始めると、語り部のパンプキンによってパフォーマンスが中断され、2人の魂は志麻とセンラの魂と入れ替えられてしまう。これにより志麻とセンラが「Trip-Trap, Love Trap!!」を歌う一方、うらたと坂田が志麻とセンラのパーティチューン「決戦前夜」を歌うこととなり、crewは貴重な展開に歓喜した。寸劇や記念撮影を挟んで、4人は12月25日発売のニューシングル「Gotcha!!」の収録曲「ハングリー・ゴースト」を披露。この曲でハロウィン色を全面に出したライブ前半を締めくくった。

幕間のVTRでは浦島坂田船がペットボトルロケットで人間を飛ばす企画に挑戦。“男気じゃんけん”に勝利したセンラが50本のペットボトルロケットを背負い、ほかのメンバーに噴射させられるが、勢いよく回転してプールに叩きつけられる結果に。びしょ濡れになったセンラは「おもろかった?」と成否よりもウケを気にしていた。VTR上映後、夏ツアーの衣装で現れた浦島坂田船はトロッコに乗り込むと「Starry Cruise」のパフォーマンスを開始。続く「Fortune!!」ではトロッコの上でタオルを振り回し、会場を再び熱気で満たしていく。4人で並んで歌った「ARK」に続いては、ソロコーナーがスタート。坂田がメイドに扮したダンサーと共に「ビターチョコデコレーション」を披露したあと、志麻は「最適解」を激しく歌い踊ってcrewを魅了する。さらにセンラは「コールボーイ」で「ノーベル筋肉賞!」と叫び、うらたは「誘惑」を妖艶に歌った。

ソロコーナーが終わり、再びステージにそろった4人は「Beetle Battle」を披露し、挑発的なセリフとセクシーなダンスでcrewを熱狂させる。コール&レスポンスでcrewと交流した4人は、今年の夏ツアーを象徴するナンバー「ポーカーフェイク」でライブを再開し、「花吹雪」に続けて「千本桜 -guitar rock arrangement-」をパフォーマンス。さらにスクリーンに表示されていた桜がクリスマスツリーに変わるとクリスマスソング「Snow melody」が披露され、本編ラストの「カレンダーリマインダー」ではcrewの力強いコールが横浜アリーナに響きわたった。

アンコールでは4人がステージの反対側の通路から登場。驚くcrewたちに手を振り、代表曲「Shouter」を歌いながら通路を歩いていく。ステージにたどり着いた4人は再び記念撮影を行うと、ラストナンバーとして「明日へのBye Bye」をエネルギッシュにパフォーマンス。会場に集まったcrewに改めて感謝の言葉を述べた4人は、それぞれ甘いセリフを残してステージをあとにした。

浦島坂田船「Happy Halloweeeen 浦島坂田幽霊船~ようこそ令和元年 やっぱり霊はあかんねん 憑依GO!~」2019年10月24日 横浜アリーナ セットリスト

01. HORRORISM
02. グリムメイカー
03. ゴーストルール
04. 拝啓ドッペルゲンガー
05. Mrs.Pumpkinの滑稽な夢
06. Happy Halloween
07. ハロウ!ゴーストシップ
08. Trip-Trap, Love Trap!! / うらたぬき、となりの坂田。→志麻、センラ
09. 決戦前夜 / うらたぬき、となりの坂田。
10. ハングリー・ゴースト
11. Starry Cruise
12. Fortune!!
13. ARK
14. ビターチョコデコレーション / となりの坂田。
15. 最適解 / 志麻
16. コールボーイ / センラ
17. 誘惑 / うらたぬき
18. Beetle Battle
19. ポーカーフェイク
20. 花吹雪
21. 千本桜 -guitar rock arrangement-
22. Snow melody
23. カレンダーリマインダー
<アンコール>
24. Shouter
25. 明日へのBye Bye

※「Shouter」の「e」はウムラウト付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー