音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

櫻井翔「新たな時代の華やかさをお届けできたら」、紅白司会“チームUSA”が意気込み語る

1528

左から綾瀬はるか、櫻井翔、内村光良、和久田麻由子アナウンサー。

左から綾瀬はるか、櫻井翔、内村光良、和久田麻由子アナウンサー。

本日10月28日に東京・NHK放送センターで、12月31日(火)に放送される「第70回NHK紅白歌合戦」の司会者会見が行われた。

会見には総合司会を務める内村光良ウッチャンナンチャン)と、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の櫻井翔)が登場。また新たに総合司会を担当することが発表された和久田麻由子アナウンサーが、この日の進行を務めた。まず「紅白歌合戦」に向けての意気込みを聞かれると、櫻井が「去年は平成最後、今年は令和最初と、2年連続で大役を仰せつかることになりまして身の引き締まる思いです。明るく楽しく華やかに令和一発目の『紅白歌合戦』を盛り上げられるようがんばります」と述べ、綾瀬は「アーティストの皆さんに気持ちよく歌っていただけるよう努めたいと思います。私自身も楽しんで歌の素晴らしさや感動を大晦日のお茶の間に届けたいです」と答えた。内村はこの会見の前に受けたという取材を振り返りながら「綾瀬はるかちゃんが記者の方に『この3人は何チームですか?』と質問をされて『“チームUSA”』と答えていたんですよ。なので“チームUSA”としてがんばりたいと思います(笑)」と笑顔でコメント。綾瀬は、“チームUSA”の名前の由来について質問されると「ただ3人のアルファベットの頭文字を並べただけです(笑)。最初は“UTA”で歌だと思ったら、櫻井さんTじゃなかった(笑)」と回答し、すかさず「櫻井翔ってどっちもSだから、急に除外されてビックリした」と櫻井がツッコミを入れて記者陣の笑いを誘った。

3年連続で総合司会を務める内村は「このまま総合司会が続いてしまうと、私いずれNHKの局員になってしまいます(笑)。去年の打ち上げでみんなの前で言ったんですけど、本当は白組の司会がやりたい。赤組に対抗心むき出しなので、いつか白組の司会やってみたいです(笑)」と冗談混じりに語った。櫻井は嵐として白組司会を務め、綾瀬と共演した2013年の「紅白歌合戦」を振り返りつつ「綾瀬さんの人柄によるところが大きいんですけど、すごく楽しく進行できた記憶があります」と話し、一方の綾瀬は「私は初めての司会で必死なところもあったんですけど、嵐の皆さんと一緒にやらせていただいてとても記憶に残っています」とコメントした。また過去の出演経験を踏まえて今年気を付けたいことを聞かれると、内村は「(去年は)着替えが多かったので、今年は少し減らしたいな。生放送中に俺がしばらくいないことがあって、両親が本当に心配したみたいで(笑)」と述べ、櫻井は話が逸れてしまうけどと前置きしつつ「去年すごく楽しかったんですよ。特にフィナーレのサザンオールスターズの皆さんと、松任谷由実さんのパフォーマンス。あんな興奮をまた味わいたいと思っています」とコメント。綾瀬は「生放送なのでいろんなことがあると思うんですけど、臨機応変に対応できればと思っております」と話した。

会見の終盤に記者が「国民的番組の司会を務めるにあたって、プレッシャーを感じることはありますか?」と3人に質問。これに対して内村は「毎回緊張するんですよ。でもそういう緊張感の中で幸せな光景を見ることができるというのは何事にも代えがたいと思っております。2人としっかり盛り上げていかなきゃという使命感は毎年持ってますね」と回答し、櫻井は「この『紅白歌合戦』は日本全国のみならず海外でも観られますから、世界中の皆さんに年をまたぐ高揚感だったりとか、新たな時代の華やかさをお届けできたらなと思っています」、最後に綾瀬が「アーティストの皆さんに気持ちよく歌っていただくことと、お茶の間に温かくてハッピーな放送を届けて、皆さんに勇気が湧いてくるような『紅白歌合戦』にしたいです」と話して会見を締めくくった。

NHK総合ほか「第70回NHK紅白歌合戦」

2019年12月31日(火)19:15~23:45
※5分間の中断あり(20:55~21:00)

※記事初出時、写真キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー