音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

フジファブリック15周年ライブ、念願の大阪城ホールで「本当に幸せなバンドです」

2705

フジファブリック

フジファブリック

フジファブリックのデビュー15周年ワンマンライブ「フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール 2019『IN MY TOWN』」が、10月20日に大阪・大阪城ホールにて行われた。

メンバーの山内総一郎(Vo, G)の地元・大阪で開催されたアニバーサリーライブには全国から9000人のファンが集結し、バンドの節目を祝った。オープニングでは場内のスクリーンに、2017年6月のライブで山内が大阪城ホールでのライブ開催を目指すと宣言して以降の彼らの歩みが映し出される。その1年後には今回のライブ開催が発表され、3人は着々と準備を進めながらライブ当日へと時を進めた。

映像に引き続いて山内と金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(B)、そしてサポートメンバーの玉田豊夢(Dr)がステージへ現れた。4人の型違いの赤いジャケット姿に、客席からは大歓声が起こる。そんな中ゆっくりと準備を整えたフジファブリックが最初に演奏したのは「若者のすべて」。山内はファンへの感謝を込めるように丁寧に歌声を響かせた。続く「はじまりのうた」ではイントロで金テープが発射され、場内が一気に華やかな空気に包まれた。

MCで山内は「僕らの夢とみんなの夢、2つの夢を叶える日です。1人残らず幸せにしますから最後まで盛り上がっていきましょう!」と笑顔で宣言。「SUPER!!」ではギターを提げた金澤がステージ中央の花道に進み出てオーディエンスを大喜びさせた。4人の力強い演奏に乗せて会場中からシンガロングが沸き起こった「オーバーライト」のあと、山内はほかのメンバーを紹介する。金澤は「ずっと未来だと思っていた今日がここにあるんだね」と感慨深そうに話し、加藤は飄々とした雰囲気で「こんな加藤がベースを弾いていたら、城ホールに立てました」と笑顔を浮かべた。3人を支える玉田は「最高の日に一緒にお祝いができてうれしいです」と、彼らを祝福した。

加藤から「この男が城ホールでやりたいって言わなかったらこの景色は見られなかったと思います」と紹介された山内は、笑顔で「ただいまー!」と挨拶。そして15周年を迎えるにあたり「フジファブリックと言えばやっぱり彼です」と、2009年に亡くなった志村正彦(Vo, G)との思い出を語り始めた。金澤も「僕の音楽のスタイルやDNAみたいなものは、志村くんに出会えてなかったらできてなかった」と明かす。山内は「フジファブリックを作ってくれた彼に感謝したいと思います。紹介させてください、志村正彦!」と志村をメンバーとして改めて紹介し、大きな拍手を浴びた。

その後に披露された曲は「バウムクーヘン」、そして「赤黄色の金木犀」。4人の熱いアンサンブルで会場を圧倒した「ECHO」のアウトロでは、山内がエモーショナルなギターソロを響かせる。演奏を終えた山内は自身のプレイを振り返り「気持ちが入りすぎてしまったね……でもいいよね、今日は」と思わずこぼしていた。

中盤では花道の先のサブステージに山内、金澤、加藤が移り、アコースティック形式での演奏を披露した。金澤のアコーディオンの音色がノスタルジックな空気を生み出した「ブルー」のあと、ツアーでは恒例となっている加藤の謎掛けトークのコーナーが始まった。会場から寄せられた“たこ焼き”というお題に、加藤は長考の末「たこ焼きとかけまして、桃太郎と解く。その心は、どちらも“キジ”が必要です」と答えて大喝采を浴び、山内も「こういうところでホームラン打てる男なんだよな!」と絶賛していた。

続いて山内の「これが大阪の心の曲だ、という曲を」という説明のあとに演奏が始まると、客席からは笑い声やざわめきが起こった。ここで披露されたのは人気番組「探偵!ナイトスクープ」の主題歌である、円広志の「ハートスランプ二人ぼっち」。フジファブリックならではの遊び心に満ちたアコースティックコーナーを「透明」で締めると、3人は再びメインステージへと戻った。

後半戦は「LIFE」から始まり、「Feverman」ではメンバーの煽りに合わせてオーディエンスが楽しそうに踊る。妖しげなイントロで幕を開けた「東京」の間奏では加藤、金澤、玉田がそれぞれ華麗なソロを披露して観客を沸かせた。真っ白なライトに照らされた4人が荘厳なパフォーマンスを繰り広げた「STAR」のあと、山内はこの日のライブを総括して「ずっともがいて音楽を作ってきたけれど、この景色で本当に救われた気がします」と語り、本編最後の楽曲「手紙」をしっかりと歌い上げた。

アンコールでまず最初に1人でステージへ現れた山内は、自身の地元での凱旋ライブに際し「故郷にみんなが来てくれるということで、何か贈り物ができないかなと。やっぱり曲しかないかなと思って新曲を作ってきました」と話した。ここで山内が歌ったのは、“誰もが誰かにとっての大切な人でありプレゼントである”というメッセージを込めた「プレゼント」。山内は「皆さん自身が僕らにとっての贈り物です」と笑顔で感謝を述べた。

加藤と金澤、玉田がステージへ戻ったあと、2020年のフジファブリックの活動が発表されることに。ここで華々しく流れたのは2月9日の金澤の生誕祭ライブの告知映像。パイロット姿の金澤がスカイダイビングするというド派手な映像に、山内は「いつ撮ったの!?」と仰天する。金澤は「2020年はこの生誕祭を中心に、好きなことだけをやろうと思ってます!」と堂々と宣言した。続いて加藤は2月1日からの全国ツアー開催を告知し、ファンを大喜びさせた。

山内の「僕らは絶対に解散しないバンドです。16年目以降も初心を忘れずに行きますんで、絶対についてきてください」という力強い言葉のあと、4人は「桜の季節」「会いに」を演奏。最後は「破顔」で締めくくられた。地元に集まったファンの温かい拍手に、山内は「本当に俺たちは幸せなバンドです」と充実した笑顔を浮かべていた。

この日のライブの模様は12月20日(金)21:00よりWOWOWでの独占放送が決定。2020年の全国ツアー「I FAB U」は2月1日から4月11日まで、16公演にわたって行われる。

「フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール 2019『IN MY TOWN』」2019年10月20日 大阪城ホール セットリスト

01. 若者のすべて
02. はじまりのうた
03. Green Bird
04. SUPER!!
05. 星降る夜になったら
06. オーバーライト
07. バウムクーヘン
08. 赤黄色の金木犀
09. ECHO
10. ブルー
11. ハートスランプ二人ぼっち
12. 透明
13. LIFE
14. 徒然モノクローム
15. Feverman
16. 東京
17. STAR
18. 手紙
<アンコール>
19. プレゼント
20. 桜の季節
21. 会いに
22. 破顔

※記事初出時、本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

撮影:渡邉一生、森好弘

音楽ナタリーをフォロー