音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

超特急、いきものがかり水野良樹提供曲でドラマ「モトカレマニア」主題歌担当

2312

超特急と新木優子(左から3番目)。

超特急と新木優子(左から3番目)。

超特急が、10月17日(木)にスタートするフジテレビ系ドラマ「木曜劇場『モトカレマニア』」の主題歌を担当することが発表された。

「モトカレマニア」は瀧波ユカリの同名コミックを原作に、新木優子と高良健吾が主演を務める連続ドラマ。元カレ・マコチの存在を引きずり“モトカレマニア”になった、新木演じる難波ユリカの混乱と暴走、試行錯誤を描く作品で、高良はマコチこと斉藤真を演じる。

超特急が担当する主題歌のタイトルは「Revival Love」で、作詞作曲はいきものがかりの水野良樹(G)が担当した。水野とのコラボ実現についてタカシは「超特急が他のグループの方に曲を提供いただくのは初めて。この楽曲を通じていつかコラボができたらいいなと願っています」と喜びの心境をあらわに。そして楽曲については「ドラマの明るい世界観にもつながるようなアップテンポでハッピーな楽曲になりました。歌詞に関しても世の男性、女性、それこそ“モトカレマニア”な方にも共感いただける部分が多いんじゃないかなと思います」とコメントする。一方の水野も「Revival Love」について「超特急の皆さんはダンスもボーカルも、キレキレっのめちゃくちゃ高い技術を持っているのに、どこか親しみあるユーモアをまとっていて、グループが持つその柔軟な躍動感に導いてもらって、今回のパワフルな曲を書かせてもらえました」と語った。

超特急が木曜劇場の主題歌を担当するのは2015年放送の「探偵の探偵」以来約4年ぶり。今回の決定を受けて、超特急は新木と対面した。すでに楽曲を試聴した新木は「私が演じるユリカというキャラクターはアップダウンが激しくて、この曲にも思いを引きずっているような切ない歌詞がところどころに散りばめられていますけど、ユリカはそれを楽しんでいるところがあるんですよ。なので超特急の皆さんがポップに歌って踊ってくださることで、ユリカの気持ちをアップの方向に盛り上げてくれるような、すごくすてきな曲になっているんじゃないかと思います」と印象を語る。タクヤは新木に「これまで新木さんが演じてこられなかった役柄なので、新しい新木さんが見られることがとても楽しみです!」と伝え、これに新木は「『モトカレマニア』という作品をすごく後押ししてくれる主題歌なので、早く皆さんがステージやいろんな場所で披露している姿を見たいですね。ぜひ一緒にドラマを盛り上げていただければうれしいです」と返答。そしてメンバーは「ホントにどんな役でもいいので、ドラマに出させていただければすごくうれしいです。もう、通行人Aでもいいので!」と意気込んだユーキを筆頭に、ドラマ出演への意欲を示していた。

水野良樹(いきものがかり) コメント

超特急の皆さんはダンスもボーカルも、キレキレっのめちゃくちゃ高い技術を持っているのに、どこか親しみあるユーモアをまとっていて、グループが持つその柔軟な躍動感に導いてもらって、今回のパワフルな曲を書かせてもらえました。新木優子さん演じる主人公ユリカを追いかけていくと、思わず「まじかよ!」とツッコミを入れてしまいたくなるような瞬間がたくさん来て、気がついたら物語から目が離せなくなっているんだと思います。そんな展開を、超特急の皆さんのパワーでしっかりと加速させて、華やかにできるような、ポップな曲を心がけました。

音楽ナタリーをフォロー