音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「SMTOWN」東方神起、テミン、SJ、EXO、Red Velvetら豪華共演に東京ドーム熱狂

3846

ユンホ(東方神起)とBoA。(写真提供:エイベックス)

ユンホ(東方神起)とBoA。(写真提供:エイベックス)

8月3日から5日までの3日間、東京・東京ドームでSMエンターテインメント所属アーティストによるライブイベント「SMTOWN LIVE 2019 IN TOKYO」が開催されている。

毎夏の恒例行事となっている「SMTOWN LIVE」。今年の公演にはNCT DREAMNCT 127Red Velvet、テヨン(少女時代)、ヒョヨン(少女時代)、BoAEXOf(x)SUPER JUNIOR、テミン(SHINee)、東方神起といった面々が登場し、コラボステージを含む熱いライブを繰り広げた。この記事では、本日8月4日の公演の模様をレポートする。

オープニングVTRの中に登場した近未来型の機関車が東京ドームのステージに実際に姿を見せるとライブの幕開け。車両の中から姿を見せたのはNCT DREAMの6人で、フレッシュな魅力全開に会場を盛り上げていく。続くRed Velvetは真っ白なミニドレスに身を包み、センターステージで360°をファンに囲まれながら「SAPPY」をキュートに踊った。

NCT 127は大所帯を生かしたダイナミックな群舞で観客を魅了。インベーダーゲームをモチーフにしたダンスを披露する「Wakey-Wakey」ではメンバー1人ひとりの仕草が大型ビジョンに抜かれるたびにファンの大きな歓声が上がった。またユウタは8月にグループの日本でのファンクラブが発足したことをアナウンスし「このファンクラブを機に日本の皆さんともっと近付けていけたら」と呼びかけていた。

ヒョヨン(少女時代)による「Punk Right Now」ののちは、ユニットの枠を超えた「SMTOWN」ならではのパフォーマンスもオーディエンスを楽しませた。テヨン(少女時代)はジェヒョン(NCT 127)と「Starlight」をデュエット。BoAは「BUMP BUMP! feat. VERBAL」のラップパートにチャンヨル(EXO)を招き、2人はセンターステージへと伸びる花道をさっそうと闊歩した。「Oppa, Oppa」で大きな「Oppa!」コールを巻き起こしたSUPER JUNIOR-D&Eの2人は「Can You Feel It?」でEXOとチャンヨルとセフンを招いて一層のパーティ空間を作り上げていた。

f(x)はクリスタルが「すごくひさしぶりなので、すごく準備をしてきました」と語ったようにひさびさの日本でのステージとなったが、「Hot Summer」「4 Walls」などのナンバーを高い歌唱力と息の合ったダンスで届けて聴衆を魅了する。ユンホ(東方神起)は大勢のバックダンサーを従えてセンターステージに現れ、火柱の上がる演出の中「Follow」を挑発的なパフォーマンスで披露した。ベクヒョン(EXO)のソロ曲であるアーバンなミドルチューン「UN Village」ではマーク(NCT 127)もステージに登場し、リラックスムードで声を重ねる2人のセッションに熱い眼差しが注がれる。テヨンは「最後まで楽しんでいってくださいね」と呼びかけつつ、6月にリリースされた日本での1stミニアルバムの表題曲である壮大なナンバー「VOICE」を歌い上げていた。

ライブが折り返しに差し掛かると、EXOの登場が会場を一層盛り上げる。「TEMPO」を1曲目に披露した彼らは冒頭からフルパワーのパフォーマンスを見せ、2曲を終えたMCでは汗だくの状態に。それでもカイは「久しぶりに皆さんと東京ドームで会えてうれしいです。今日も楽しく遊びましょう」と笑顔で呼びかける。彼らのステージの最後を飾ったのは日本では初披露となる「Love Shot」。メンバーがサビで見せる艶っぽい仕草とセクシーなボーカルに大きな歓声が上がっていた。

客席がグリーンの光に染め上げられると、テミン(SHINee)の登場。彼は8月28日にリリースする新作ミニアルバムより「Famous」を1曲目に届ける。そして、MCで「ソロとして来たのは初めてですね。皆さんSHINeeに会いたいですか?」とファンに呼びかけると、会場中からは大きな反応が。これに「僕も会いたいです(笑)」と笑ったテミンは「待っていてくれたらSHINeeとしてもっといいパフォーマンスを見せられると思いますから、待っていてくださいね。約束!」と呼びかけつつ、公演前にミンホ(SHINee)から連絡が来たことを明かし「SMTOWNがあると知っていて、わざわざ連絡してくれました。みんな元気でがんばってるから待っていてください」とファンを喜ばせた。「Drip Drop」ではスルギ(Red Velvet)を迎えてデュエットも披露。手先や目線の先まで神経の行き届いた繊細でハイレベルなダンスで、観る者を存分に惹きつけていた。

マークやチャンヨル、f(x)のアンバーらがマイクリレーを披露したヒップホップナンバー「Question-?」が届けられると、BoAとRed Velvetが続けてステージに上がり、華やかなパフォーマンスを披露する。BoAが「Amor」「Woman」といった楽曲を歌い上げて大きな存在感を見せつければ、Red Velvetは「Red Velvetの夏と言えば?」とファンに呼びかけて「Red Flavor」でセンターステージからエンドステージへと場内を闊歩し、夏らしいにぎやかなムードをオーディエンスに届けていた。

ネイビーのシックなスーツで登場したSUPER JUNIORは「Black Suit」「U」と続け、キレのあるダンスで大きな歓声を誘う。MCでは「僕達の唯一の魅力!(笑)」と大盛り上がりした自由すぎるトークが炸裂。演出のスタッフにMCを伸ばさないよう釘を刺されたことを明かしつつ「今は僕達の時間だ! ワーイ!」とステージを動き回って会場の笑いを誘う。一方でひさびさの「SMTOWN」出演となったキュヒョンは「ただいま! お元気でしたか? 僕みたいな情けないやつをずっと待ってくれていてありがとうございます」と照れ笑い。そして「皆さんのためにずっと歌い続けます」と約束し、温かな拍手を誘った。彼らの最後の楽曲は「Sorry Sorry」。メンバーはMCでのにぎやかな雰囲気とは打って変わったクールな仕草でファンのコールを誘い、大トリを務める東方神起へとバトンをつないだ。

「SMTOWN」のステージのクライマックスを飾った東方神起の2人は「Truth」でラグジュアリーにライブをスタートさせる。「The Chance of Love」を終えてのMCではチャンミンが「すてきなSMアーティストのパフォーマンスだったり、SUPER JUNIORのトークショーだったりを皆さんに楽しんでもらいつつ……」とSUPER JUNIORに言及。「後ろでこの2人も爆笑してました(笑)」と明かした。そして彼らは「いろんなコラボもあったけど、東方神起のステージ待っててくれましたよね?」と言うとトロッコに乗り込み、「Hot Hot Hot」でアリーナの客席通路へ。サビのダンスをファンと一緒に踊って大きな会場をひとつにまとめ上げていく。ラストに披露された「MIROTIC」では力強いボーカルと共に圧巻のダンスを披露。会場中が赤い光に染まる中、最後に大きな存在感を残してトリの役目を務め上げた。

フィナーレでは全出演者が舞台上にラインナップし、ラストナンバーとして「Hope」を合唱。それぞれが笑顔で客席に手を振りながらステージを歩き、ライブを大団円へと導いた。

音楽ナタリーをフォロー