伝説のバンド、たまのドキュメンタリー映画が劇場公開決定

631

たまの元メンバーである石川浩司、滝本晃司、知久寿焼を追った音楽ドキュメンタリー「たまの映画」が、2011年正月映画としてテアトル新宿にて劇場公開される。

映画「たまの映画」フライヤー。

映画「たまの映画」フライヤー。

大きなサイズで見る

1984年に石川浩司、知久寿焼、柳原幼一郎(陽一郎)により結成され、1986年に滝本晃司の加入で4人体制になったたま。ナゴムレコードでの活動を経て1989年にテレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演し、メジャーデビューシングル「さよなら人類」がオリコンウィークリーチャート初登場1位を記録した。その後、自由な制作環境を求めた彼らは個人事務所と自主レーベルを立ち上げ、1995年にはニューヨークで初の海外公演を実施。同年末に柳原が脱退し、残る3人でマイペースに活動を続け2003年に解散した。現在は石川と知久がパスカルズに参加しているのをはじめ、それぞれが多方面で活躍している。

今回制作された映画は、時代と環境が変化し続ける中でも、聴衆を魅了する独創的な音楽と自分らしい生き方で表現を続ける彼らの姿に接近。メディアへの露出より日々のライブ活動に重点を置く3人と、ゲストアーティストの協力により撮影が進められた。

監督は本作が劇場映画デビューとなる今泉力哉。アドリブを多用し人間の本質を伝えるリアルな演出が評価された彼は、2008年に「微温」で水戸短編映像祭グランプリ、2009年に「最低」でTAMA NEW WAVEグランプリを受賞している。自身初のドキュメンタリー作品で今泉監督は、みずみずしい視点を軸に伝説的バンドのメンバーたちの生き方を撮影する。

関連記事

パスカルズのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 パスカルズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。