音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

桑田佳祐、民放各局による東京五輪プロジェクト「一緒にやろう2020」応援ソング担当

5261

桑田佳祐

桑田佳祐

桑田佳祐が民放各局による共同プロジェクト「東京オリンピック民放共同企画『一緒にやろう2020』」の応援ソングを担当する。

東京オリンピックに向けてこれまでにないようなムーブメントを喚起するため、全国の民放各局が協力して行うこのプロジェクト。メインテーマに“一緒にやろう2020”、サブテーマに“史上最も美しい五輪へ”を掲げ、視聴者参加型のさまざまな社会貢献企画を展開していく。

桑田は今後応援ソングの制作に入り、2020年の年明け頃に楽曲を完成させる予定。応援ソングは民放各局のオリンピック中継番組、関連番組のほか、共同企画、イベントなどでも使用される。桑田は応援ソングを担当するにあたり「本当に私で良いのでしょうか? ですが、せっかくの大変ありがたいお話ですので、新国立競技場が目の前に見えるビクタースタジオにて、オリンピックが盛り上がるよう、なんとか老体に鞭打って頑張りたいと思います!」とコメントしている。

桑田佳祐 コメント

この度私が、東京オリンピック「一緒にやろう2020」民放共同・応援ソングの担当をさせていただくことになりました。
本当に私で良いのでしょうか?
ですが、せっかくの大変ありがたいお話ですので、新国立競技場が目の前に見えるビクタースタジオにて、オリンピックが盛り上がるよう、なんとか老体に鞭打って頑張りたいと思います!よろしくお願いいたします。 

日本民間放送連盟 東京オリンピック共同企画検討特別プロジェクトチーム コメント

今回、東京オリンピック「一緒にやろう2020」民放共同・応援ソングを制作するにあたり、どなたにお願いするのがいいのか、各局のメンバーで話し合い、全員一致で桑田佳祐さんに決まりました。桑田さんは、長きに渡り日本のミュージックシーンのトップを走り続け、日本の多くの人を勇気づける名曲をたくさん生んでこられました。日本中が一つになって応援できる曲を作って頂くなら、桑田さんしかいない!と思いオファーさせて頂きました。「一緒にやろう」の思いが伝わる素晴らしい曲ができることを今から楽しみにしております。

音楽ナタリーをフォロー