音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アプガグループ勢ぞろい「アプガ(フェス)」2回目も熱気あふれる大盛況のステージに

62

「アップアップガールズ(フェス)2019」の様子。(写真提供:YU-Mエンターテインメント)

「アップアップガールズ(フェス)2019」の様子。(写真提供:YU-Mエンターテインメント)

7月15日に東京・新宿BLAZEでアップアップガールズ全グループによるライブイベント「アップアップガールズ(フェス)2019」が開催された。

アップアップガールズ(仮)アップアップガールズ(2)、アップアップガールズ(プロレス)の3組が一堂に会する「アプガ(フェス)」。昨年に続き2度目の開催となった今年の公演では総勢17人でのパフォーマンスや、メンバーをチームに分けてのステージなど、「アプガ(フェス)」でしか見られない熱気あふれるライブが約3時間にわたって繰り広げられた。

オープニングでは、空手道着を身にまとったアプガ(仮)の佐保明梨がDJ KURO-OBIとしてDJプレイを披露し、観客の興奮を高める。そしてアプガ(仮)、アプガ(2)、アプガ(プロレス)の全メンバー17人がステージに勢ぞろいし、「アッパーキック!」「二の足Dancing」「ヒート ビート アイランド」「アッパーレー」をパフォーマンス。早くもフロアがヒートアップする中、アプガ(仮)の新井愛瞳は「ついに始まりました、アプガ(フェス)! 去年初めて開催したアプガ(フェス)ですが、まず2回目を開催できたことがうれしいですし、こんなにもたくさんの方が来てくださってありがたい限りです!」と感謝の気持ちを語った。

ここからは、メンバーたちがチームに分かれてライブを行っていく。一番手は、アプガ(仮)の古川小夏とアプガ(2)の佐々木ほのかによる“チーム桃太郎”。アプガグループ最年長と最年少のコンビである2人は、古川のソロ曲「ダーリンはロストチャイルド」をラブリーに、アプガ(2)「っていう初恋のお約束」を力強く歌唱した。アプガ(仮)の森咲樹とアプガ(2)の森永新菜の“チームやばモリッ!”は、ラップを交えながらアプガ(仮)「愛愛ファイヤー!!」を披露。さらに“マッチョ美ボディ”の持ち主であることを自称する森に対して森永が腕相撲の対戦を要求し、急遽対決の場が設けられたが、結果は2017年の「TOWER RECORDS presents ザ・感謝祭」内のアームレスリング大会でチャンピオンに輝いた森に軍配が上がった。謎の展開で観客を楽しませた2人は、続けて森のソロ曲「メガモリッ! ma vie!!」を歌い、ステージ上で大暴れ。フロアにプロテインと美容パックを投げるというカオスなライブで会場を盛り上げた。

アプガ(仮)の佐保、アプガ(2)の島崎友莉亜、アプガ(プロレス)のらくによる“ドクターイエロー”は、正統派の楽曲であるアプガ(仮)「君という仮説」を響かせたほか、アプガ(2)「Sun!×3」で弾けるようなダンスを披露して観客を魅了する。アプガ(仮)の関根梓、アプガ(2)の吉川茉優、橋村理子、新倉愛海、アプガ(プロレス)の乃蒼ヒカリからなる“HAMAR12”は、アプガ(仮)「全力! Pump Up!!」をエネルギッシュにパフォーマンス。アプガ(2)「エンジェル演じて20年」では、関根が曲中の小悪魔役を見事に演じきった。またアプガ(仮)の新井、アプガ(2)の高萩千夏、鍛治島彩、中川千尋、アプガ(プロレス)の渡辺未詩による“チームおっぺけぺー”はアプガ(仮)「唇はナイフ」をエモーショナルに歌唱し、アプガ(2)のロックチューン「ワッチャウッ!!」でワイルドなステージングを見せた。

チームに分かれてのステージで最後に登場したのは、オーディションアプリ「mysta」とのコラボによるオリジナル楽曲獲得企画で優勝したアプガ(仮)の関根、アプガ(2)の橋村、中川からなる“チームプリンセス”。ピンクのかわいらしい衣装に身を包んだ3人は、7月17日にタワーレコード限定で発売されたシングル曲「今日だけは逢いたくないよ」を初披露した。その後、彼女たちは「ごきげんよう、私たち、チームプリンセスでーす」と笑顔で挨拶し、恋のときめきを歌ったポップチューン「今日だけは逢いたくないよ」をキュートに歌唱した。

5チームの出番が終わると、「アプガ(フェス)」はプロレス業とアイドル業を両立して活動しているアプガ(プロレス)によるライブへ。3人はオリジナル曲の「アッパーキック!」「アッパーチョップ!」や、アプガ(仮)「チョッパー☆チョッパー」をダイナミックにパフォーマンス。そのままの勢いでアプガ(プロレス)メンバーの切実な思いが詰まった「負けたくない」を力いっぱい歌い、会場を沸かせた。またライブ中盤には、古川の生誕祭で好評を博したエンタテインメントジャズダンス集団・梅棒の演出によるステージ「FIGHT! supported by梅棒」がパワーアップして披露された。セリフがなく、アプガ(仮)の楽曲のみでストーリーを作り上げていく「FIGHT!」では古川が主演。駆け出しのデザイナーが挫折しつつもバトルを繰り広げ、ハッピーエンドを迎えるというミュージカルのような展開で観客から大きな拍手を浴びた。

今年3月に9人体制になったアプガ(2)のステージでは、つんく♂がサウンドプロデュースを手がけたきらびやかな楽曲「We are Winner!」や、明るいナンバー「ハッピースLOVE▽」が続き、観客のテンションが上昇。さらに「両想いの▽しるし」「OVER DRIVE」や、デビュー曲「二の足Dancing」も披露された。「アプガ(フェス)」のトリを務めた結成9年目のアプガ(仮)は「UPPER ROCK」や「Lady→GO!」を熱唱し、堂々としたステージングで観客を圧倒。キャッチーな「晴レ☆HALation」、ファンと共にジャンプする「ジャンパー!」、お祭りソングの「アゲノミクス!!」などを畳みかけたのち、最後はアプガ(2)、アプガ(プロレス)のメンバーと共に「私達(with friend))」をにぎやかに歌い、会場を一体感で包み込んだ。

まさに大団円となった「アプガ(フェス)」。グループごとに感想を述べるMCでは、アプガ(プロレス)のらくが「今日は楽しかったです。みなさん楽しかったですか?」と観客によびかけ、アプガ(2)の島崎は「私は『アプガ(フェス)』初参加で、最初は緊張してどんな1日になるのかなって思ってたんですけど、リハから楽しくて楽しくて、先輩方が温かく受け入れてくれて予想以上に楽しい1日になりました。来年はもっともっと成長して大きくなって、みなさんの前に立てるようにがんばります」と前向きな思いを語った。

7月29日をもってアプガ(2)を卒業する橋村は、「アプガ(2)はただいまツアー中で、そのツアーファイナルが7月28日に新宿ReNYで開催されます。9人体制最後のライブでもありますし、ツアーを駆け抜けてきた集大成を皆さんにお見せしたいと思います。私にとっては最後の単独ライブですが、みんなに衣装を作らせていただきました。ぜひそちらの衣装も楽しみにしてもらいつつ、アプガ(2)の成長を見にきていただけるとうれしいです」と最後まで全力を尽くす意思を表明。吉川は8月13日発売のアプガ(2)のニューシングル「Be lonely together」について「つんく♂さんに作詞作曲していただいた、とてもキャッチーでカッコいい曲になってます。たくさん聴いて拡散していただけるとうれしいです」と紹介し、「その新曲の初披露を、7月28日の新宿ReNYで行います。皆さん、ぜひ新曲を聴きに、アプガ(2)のライブを楽しみに、新宿ReNYに来てください!」とアピールした。そしてアプガ(仮)の新井が「『アプガ(フェス)』、開催できてほんとによかったです。今年までと言わず、来年もまた開催したいです。今回とはまた違うユニットだったり、新たな一面を見れる『アプガ(フェス)』にしたいと思います。これからもアップアップガールズの応援をよろしくお願いします!」と挨拶し、2度目の「アプガ(フェス)」を締めくくった。

※▽はハートマークが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー