音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

きのこ帝国・佐藤千亜妃とビッケブランカ、Zoffの新ビジュアルモデルに抜擢

432

Zoffの2019年サングラスコレクションのビジュアル。

Zoffの2019年サングラスコレクションのビジュアル。

メガネブランド・Zoffが、2019年のサングラスコレクションのビジュアルモデルに佐藤千亜妃きのこ帝国)とビッケブランカを起用した。このビジュアルは全国のZoffの店舗に掲示される。

佐藤は普段からZoffのアイウェアを着用しており、今回のビジュアルの撮影中にも「普段はメガネが欠かせず、Zoffでメガネを2本同時に購入した」とコメント。ビッケブランカは2月に開催された自身のワンマン公演のMCで、Zoffにメガネを買いに行った話を披露していた。

新ビジュアルのアートディレクターは、ビッケブランカの過去作のアートワークを務めた丸井“Motty”元子が担当。このビジュアルで佐藤とビッケブランカは、コミカルに表現された灼熱の世界でサングラスをかけながら強い日差しを浴びている。

佐藤千亜妃 コメント

いつも遊び心があるビジュアルを作っているZoffと一体どんな刺激的なものづくりが出来るのだろうとワクワクしました。撮影現場では、ボディーマーブリングをしていただいたのですが、ライブ感がすごく、その瞬間を見守っていたときの緊張感と一体感が印象的でした。このビジュアルをご覧になった方が、ファッションとしてだけでなく、紫外線やまぶしさから目を守るためのサングラスの必要性を感じていただけると嬉しいです。

ビッケブランカ コメント

普段からZoffのメガネを毎日使っているので、今回のオファーをいただいた時すごく嬉しくて。あとサングラスも持っていて、いつもかけているんです。太陽の日差しを防ぐ腕の形を撮影中ずっとやっていると疲れてきて、「腕がつりそうだなー」と思いながら、この形をキープするのが大変でした!このビジュアルを見て「わぁかっこいいなぁ」「かわいいメガネだな」と思って、アイウェアをかけてくれたら嬉しいです。

音楽ナタリーをフォロー