音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ニトロデイ、SUPERCARやART-SCHOOLのカバーも飛び出した熱狂の初ワンマン

206

ニトロデイ(撮影:西槙太一)

ニトロデイ(撮影:西槙太一)

ニトロデイがライブツアー「マシン・ザ・ヤング リリースツアー」の東京・新代田FEVER公演を3月22日に開催した。昨年12月にリリースしたアルバム「マシン・ザ・ヤング」を携えて行われたこのツアーで、神奈川公演ではドミコ、大阪公演ではNOT WONKを迎えて対バンライブを繰り広げてきた彼ら。ツアーファイナルである東京公演は、バンドにとって初のワンマンライブとなった。

ライブが始まるとまず、最新アルバムに収録されている「ボクサー」の初公開となるミュージックビデオが上映された。その後、The Get Up kidsの「Don't Hate Me」をSEにしてメンバー4人がステージに登場。「ヤングマシン」を皮切りに、荒々しい爆音をフロアに響きわたらせた。続けて「カリビアン・デイドリーミン」「グミ」と、ライブの冒頭はアルバム収録曲を曲順通りに披露。やぎひろみ(G)がジャズマスターで繰り出すエッジの効いたギターフレーズ、重戦車のようにヘビーな岩方ロクロー(Dr)のリズムに乗せて、小室ぺい(Vo, G)のシャウトにも似たボーカルと、松島早紀(B)による清涼感のあるコーラスが軽やかに弾む。

怒涛の勢いで序盤8曲を畳みかけたところで「これだけやっても半分いってないからね(笑)」と笑った小室は、「たぶんみんなが大好きな曲」と紹介して、ここから彼らの長尺ライブでは恒例のカバーコーナーに突入。松島と小室のツインボーカルを生かしたSUPERCAR「cream soda」と、真っ赤な照明の中で殺伐としたグランジロックを聴かせたART-SCHOOL「水の中のナイフ」のカバーで大きな喝采を浴びた。「カバーのほうが目立っちゃったら嫌だね(笑)」と言って笑いを誘った小室は、「FEVERでのライブは印象に残ってて、それこそART-SCHOOLとか、HUSKING-BEE、向井(秀徳)さんの前座に呼んでもらったから」と、思い入れのある会場でワンマンライブができる喜びを伝えた。そして彼は続けて「いつか彼らを呼べたらと思います……まだ全然決まってないけど」と内に秘めた野望を吐露した。

「アルカホリデー」まで演奏を終えたところで、やぎ、松島、岩方が一旦退場。小室が1人でステージに残って弾き語りを開始した。彼はここで、アコースティックギターを掻き鳴らしながら「ピストルズは死んだ」と繰り返すバンドの初期曲「ピストルズラブ」と、2日ほど前にできたばかりという新曲「ラスト・トレイン」を歌唱。弾き語りでは小室の強い意志が滲む歌声の太さと、文学性の高さを感じさせる言葉選びのセンス、彼らの持ち味であるメロディのポップさが際立つ。エレキギターでの弾き語りから次第にバンドの演奏が加わっていく「イン・ザ・ヘブン」は、これまでのニトロデイの楽曲にはなかったような、希望を力強く表現した開放感あふれる楽曲。「今曲ばっかり作ってて」という小室の言葉の通り、この日のライブでは5曲の新曲が披露された。

自嘲気味に日常の虚しさを吐露する「月曜日」を演奏し終えると、小室は「今日はいろいろ言いたいことがあったんですけど、気付いたら最後のほうになっちゃいました。あと2曲やって終わります」と来場者に説明。4人の演奏はクライマックスに向けて激しさを増していき、ラストナンバー「ユース」の長いアウトロでは、心の中に渦巻く苛立ちや焦燥感を音にぶつけるかのような強烈な音が奏でられた。歪んだ残響音だけを残して、メンバーは無言のまま退場。会場にBGMが流れ始めてもアンコールを求める拍手がいつまでも鳴りやまず、再びステージに現れた小室が「ありがとうございます。今日は楽しかったです」とだけ伝えると、ようやくフロアのオーディエンスは解散した。

なおニトロデイは7月19日に東京・WWWにて自主企画イベント「ヤングマシン3号」を開催。これは彼らが共演したいと思うアーティストを招いて行われるイベントで、前回は突然少年と共演した。今回の出演アーティストは後日発表。オフィシャルサイトではチケットの先行受付が行われている。

また新代田FEVERでのツアーファイナルで初公開された「ボクサー」のMVは、現在SPACE SHOWER MUSICのYouTube公式チャンネルで公開中。メンバーがボクサーなどを演じる、演奏シーン一切なしのMVとなっている。

ニトロデイ「マシン・ザ・ヤング リリースツアー」2019年3月22日 新代田FEVER セットリスト

01. ヤングマシン
02. カリビアン・デイドリーミン
03. グミ
04. ヘッドセット・キッズ
05. 氷菓
06. 炭酸状態
07. ハイティーン
08. ジェット
09. cream soda
10. 水の中のナイフ
11. ボクサー
12. アルカホリデー
13. フライマン
14. ピストルズラブ(弾き語り)
15. ラスト・トレイン(弾き語り)
16. イン・ザ・ヘブン(ワンマンver.)
17. ジュニアハイ
18. アンカー
19. 月曜日
20. レモンド
21. ユース

ヤングマシン3号

2019年7月19日(金)東京都 WWW
<出演者>
ニトロデイ / and more

音楽ナタリーをフォロー