音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

デコトラ疾走!スマイレージ本日デビューでうれしい誤算

1

スマイレージが本日5月26日にシングル「夢見る 15歳(フィフティーン)」で待望のメジャーデビュー。このシングル発売をアピールする宣伝トラックが、本日から都内を走行している。

出発前にはスマイレージの4人が、完成したデコトラをひと目観ようと出発地点を訪問。自分たちの写真が大きく使用されたトラックを前に、メンバーはそれぞれ「すごい!」「おっきい!」と大声を出しながら喜んだ。

初めて自分たちのデコトラを観た感想を訊ねると、小川紗季は「もし紗季がスマイレージじゃなくて(街中で)このトラックを見かけたら、写真をいっぱい撮ると思います」とコメント。福田花音は「他のアーティストさんのトラックを観たときに、(同じように)一度やってみたいなと思っていて。今日初めてこのトラックを観てみたら、予想以上に『うわーっ!』って感動が増しました」と、喜びを口にした。

メジャーデビュー当日を迎えた現在の心境を聞くと、和田彩花は「このトラックが通ったときに街の人が見て「かわいいな」と思ってもらえたり、CDを買ってもらえたり、自然に人が集まってくるようなグループになりたいです」と力強く宣言。前田憂佳は「今応援してくれている人たちが、私たちを応援してよかったなと誇りに思えるぐらいビッグになりたいです」と、目標を語った。

この後、スマイレージの4人はタワーレコード渋谷店を訪問。2階J-POPフロアの一角にあるハロー!プロジェクト・コーナーを覗いてみると、シングル「夢見る 15歳」全仕様はすでに品切れ状態だということが発覚した。店頭に置かれた自分たちのCDと記念写真を撮ろうとしていたメンバーも、これにはびっくり。明日27日には再びCDが入荷することを店員に確認し、4人はポスターにサインやメッセージを書き始めた。

それぞれが黄色と黒のマジックを使ってサインをし、最後に福田花音がタワーレコード渋谷店へのメッセージを記入。完成したポスターを持ってハロプロコーナーで記念撮影を行ってから、4人は店員にポスターを手渡した。

スマイレージは今後もさまざまなプロモーションを展開。現在オフィシャルサイトでは、AR(拡張現実)を用いた宣伝を実施している。これはスマイレージの頭文字“S”が描かれたARマーカーをWEBカメラで読み取ると、「夢見る 15歳」をパフォーマンスするスマイレージの3D映像が出演するというもの。すでに先週末からは、このARマーカーを使ったテレビCMもオンエアされており、ファンの間で大きな話題となっている。

さらに、本日5月26日よりスマイレージのオフィシャルMySpaceも開設。30日にはUstreamを使った生中継も予定されており、今後も数々のメディアを使った活躍が期待される。

音楽ナタリーをフォロー