音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

EXILE橘ケンチ、日本酒で西日本を復興支援「僕にしかできないプロデュースを」

774

橘ケンチ(EXILE、EXILE THE SECOND)

橘ケンチ(EXILE、EXILE THE SECOND)

橘ケンチEXILEEXILE THE SECOND)が、昨年7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的とした「未来の日本酒プロジェクト」のプロデューサーに就任した。

「未来の日本酒プロジェクト」は、日本各地の魅力を国内はもちろん国外にも広く発信し、旅行者と生活者をつなぐ経済産業省の「HASHIWATASHI プロジェクト」が主催する新プロジェクト。昨年7月に西日本を襲った豪雨では人への被害はもちろんのこと、自然豊かな風土と清流を生かした酒を長年醸し続けている多くの酒蔵も被害を受け、酒造りが困難となった酒造もある。「HASHIWATASHI プロジェクト」は国内外の消費者に中国地方などの日本酒の魅力を発信することでその需要を喚起すべく、公私を問わず各エリアの酒蔵を訪れ、蔵元との交流を続けている橘を「未来の日本酒プロジェクト」のプロデューサーに任命。このプロジェクトの一環として橘は岡山と広島にある2蔵のプロデュース支援を行う運びとなった。

橘は本日2月21日に東京・hotel koe tokyoにて開催された「未来の日本酒プロジェクト事業発表会」に、賀茂泉酒造・代表取締役副社長の前垣壽男氏、丸本酒造・六代目当主の丸本仁一郎氏、株式会社ディスカバー・ジャパン統括編集長の高橋俊宏氏と共に登壇。プロジェクトの今後の展望などについて語った。橘はまずプロデューサーに就任したことについて「今回のプロジェクトにも参加させていただけて光栄に思います。日本酒には不思議な力があると思っていて、人と人を結び付けたり、さまざまなドラマが日本酒を介して生まれていく経験をこの2、3年にする機会が多くて、ここにいる皆さまとも出会えました。そういった魅力を存分に伝えていけたらと思います。本業はエンタテインメントの世界でやらせていただいていますが、エンタテインメントとお酒というマッチングにも興味があるので、僕にしかできないプロデュースをしていけたらと思います」とコメント。今回プロデュースを手がける蔵がある賀茂泉酒造と丸本酒造は訪問済みだそうで、続けてそれぞれの酒造りの特徴などを丁寧に報道陣に説明した。

前垣氏、丸本氏、高橋統括編集長は発信力の高さや礼儀の正しさなどから橘がこのプロジェクトのプロデューサーに適任だと語り、それを受けて橘は「恐縮してしまいますね。日本酒の世界で戦ってこられた方がたくさんいる中で、初心者、素人、小僧としては礼儀をしっかりして靴をそろえて入らなければと思いました。それでいろんな方々にかわいがっていただきながらいろんなことを教えていただいています。その中で素敵な出会いをたくさんしていて、より日本酒を好きになりたいなと思いました」と控えめに述べる。また酒蔵が受けた豪雨の被害について前垣氏と丸本氏が現状を話すと、橘はその話に熱心に耳を傾けていた。

発表会の最後に橘は「EXILEで東日本大震災のときにも復興支援ソングとして『Rising Sun』という曲を作って日本全国の小中高校生と一緒に踊って、7、8年が経ってようやく多くの方に曲を知っていただけた実感が出てきて。今回もお酒を作るだけで終わりではなく、ずっと長いお付き合いをさせていただきたいですね。広島、岡山の方々と仲良くなって、そこの方々の声を聞いて、『僕にはこれができるな』とか『じゃあこれをやってみたらどうですか?』とか、コミュニケーションを取りながらやらせていただけたらと思います」と改めて意気込みを述べる。それに加えて「エンタテインメントに携わる人間として背部にある人やストーリーが共に世の中に出ていくのが人の心に届くなと思っていて。実は前垣さんの蔵がある西条市は1年に1回、酒まつりというお祭りがあって、2日間で25万人を動員するんですよ。僕らEXILEが東京ドームで2日間やっても10万人いかないくらいなので、それを考えると素晴らしいですよね。その中の中心にいるのが前垣さんなんです。そういうことを思うと賀茂泉のお酒を飲む味わいが変わってくると思います。丸本さんの酒造りは最高なんですけど、蔵の横の母屋に丸本さん特製の音響部屋があるんですよ。実は音楽が大好きな方で和室に並んだスピーカーで、映画館さながらの爆音で音楽を聴かせていただいたりもして。そういう音楽好きの方が作られたお酒というとまたちょっと興味の持ち方が変わってくるじゃないですか。なので、僕が出会わせてもらった素敵な方々の人間性もお酒と共に届けられる仕組みを考えていけたらなと。そうすればきっと長い間人の心に残るお酒になって、広島、岡山、そして日本全国の日本酒が好きな人が盛り上がるんじゃないかなと思っています」と日本酒の未来への期待を膨らませていた。

橘は発表会後の囲み取材にも応じた。EXILEメンバーの中でよく飲みに行くメンバーについて記者から聞かれると「よく行くメンバーだとAKIRAや(小林)直己ですね。TETSUYAにいたっては地元が一緒で付き合いが長いので、飲みに限らず一緒にごはんに行くことも多いです」とコメント。メンバーとのお酒の場でLDHの公式ドリンクとしておなじみのレモンサワーと日本酒のどちらをよく飲むのかについては「レモンサワーが多いかも知れませんね(笑)。それを日本酒に変えていければ」と話した。また日本酒は甘酸っぱいものが好みだと語り、日本酒と食べ物の組み合わせのオススメについては「トマトですね。毎朝必ずトマトを食べるんですけど……朝から飲むわけじゃないですよ(笑)。トマトが好きで夜ももちろんトマトを食べるので、ああいう酸味があるものにはデザートワイン的な甘い日本酒が合うと思います。貴醸酒や糖度の高い日本酒は酸味のある野菜やフルーツに合います」と話した。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

音楽ナタリーをフォロー