音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

あいみょん初の武道館に1万4000人、万感の思いで歌った18曲

31906

あいみょんが本日2月18日に初の東京・日本武道館単独公演「AIMYON BUDOKAN -1995-」を開催した。

昨年12月に行った東京・Zepp Tokyoでのツアー「AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-」のファイナル公演にて開催が発表された本公演。チケットが一般発売されるとすぐさま完売し、会場には全国から約1万4000人のファンが集結した。「初めての日本武道館公演は弾き語りでやりたい」という思いがあったというあいみょんは、360°観客に囲まれたセンターステージでアコースティックギターの弾き語りによるパフォーマンスを披露。2月13日にリリースしたばかりの2ndフルアルバム「瞬間的シックスセンス」の収録曲はもちろん、インディーズ時代に発表した楽曲や4月19日に公開される「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」の主題歌として書き下ろした新曲「ハルノヒ」など、まだ音源化されていない新曲を含む全18曲を前半と後半の2部に分けて演奏した。

開演時刻になるとあいみょんはアリーナの北側から観客の間を通り、スポットライトで照らされるステージへ。そっとギターを抱えて「『もう離れないで』と泣きそうな目で見つめる君を……」と代表曲「マリーゴールド」を歌い始めた。マリーゴールドの花のような黄色のセットアップを着たあいみょんは「ようこそ!」と来場者を歓迎し、「360°こんな景色はなかなか見れないですからね。みんな今日は最後までよろしくお願いします!」とうれしそうに会場を見渡す。そして真っ赤なライトを浴びながら「愛を伝えたいだとか」を艶っぽく歌い上げた。

「初めての日本武道館なので初めてのことをやってみようと思います」と手拍子を煽り、そのリズムに乗ってあいみょんは「満月の夜なら」を歌唱。満月のように黄色く丸い照明がステージを彩る中、軽快にギターをカッティングし、気持ちよさそうに歌声を響かせた。満員の客席を改めて見回したあいみょんは「初の日本武道館、快晴です。みんなこんなに来てくれたのにうちの家族は誰も来てないよ。でも写真を送ったらきっとびっくりするなあ」と誇らしげに語る。そしてステージが回転することを明かし、さっそく「せっかくなんで回ろうかな!」と、南向きから北向きへと180°ぐるりとステージごと向きを変えた。スツールに座りギターを爪弾いたあと、あいみょんは「風のささやき」「恋をしたから」の2曲を語りかけるように歌唱。ピンスポットに照らされて歌うあいみょんを観客はじっと見守った。

銀杏BOYZの日本武道館単独公演を観て、このステージへの憧れを持ったというあいみょんは、開催告知から2カ月という短い期間で1万4000人ものファンが会場に駆け付けてくれたことについて感謝の気持ちを述べる。再びのステージの回転を経て、中学時代からの友人について歌った「◯◯ちゃん」、子供の頃から大好きな「クレヨンしんちゃん」への恩返しの気持ちで、アニメに登場する“野原一家”のことを思って書いた「ハルノヒ」を優しい声で届けた。

あいみょんは18歳の頃に今所属する事務所にスカウトされたこと、大阪・梅田の駅前で路上ライブをしても10人しか観てくれる人がいなかったこと、上京して東京・SHIBUYA TSUTAYAの前で歌っていたことを振り返り、「2年前はTSUTAYAの前だったのに、それが今、武道館に。すごいよね」と感慨深げに語る。そして路上ライブのときに披露すると多くの人が足を止めてくれた曲だという「貴方解剖純愛歌 ~死ね~」を「ここを梅田やと思って……」と前置きしてから歌い始めた。早々に歌詞を間違えてしまうミスがありつつも、軽妙なトークでそれを笑いに変えたあいみょんは、一度仕切り直して「貴方解剖純愛歌 ~死ね~」を爽快に歌い上げた。

ここであいみょんは一度退場。会場内にはあいみょんと、彼女の中学時代からの友人・◯◯ちゃんが2人で収録したラジオ「SNACK TIME RADIO」が流れた。あいみょんと◯◯ちゃんが学生時代の思い出話に花を咲かせたこのラジオが終わると、ジョン・レノンとオノ・ヨーコのキス写真がプリントされたTシャツに着替えたあいみょんが再登場。勢いよくギターをかき鳴らした彼女は「憧れてきたんだ」でライブ後半戦をスタートさせた。

「日本一のアレを聴きたいと思ったんです!」とあいみょんが目を輝かせて始まった「ふたりの世界」では、あいみょんが「まだ眠たくないの」と歌うと、観客が「セックス」と大声で叫ぶ。これを受けてあいみょんは「ナイスセックス! ありがとう!」と満面の笑顔を見せた。心地よいアルペジオを爪弾きながら始まった「いつまでも」で歌詞を間違えてしまったあいみょんだったが、ギターを弾く手は止めず、そのまま楽曲に込めた思いを吐露。「ゴッホは死んでから評価されたんですけど、私は生きているうちにたくさん評価された人間として死にたい」と切々と語り、そのまま「いつまでも」を歌った。

メジャーデビュー曲「生きていたんだよな」では飛び降り自殺についてつづられたセンセーショナルな歌詞がステージ上部のLEDスクリーンに映し出される中、あいみょんが気迫に満ちた表情で熱唱を届ける。その直後にあいみょんはライブタイトルの「1995」について「お母さんが産み落としてくれた年をタイトルにしました。お母さんのおなかの中から人生が始まって、私の音楽は弾き語りからだったなと思って、(弾き語りライブである日本武道館公演のタイトルを)1995にしました」と説明し、ライブタイトルの「1995」を冠した新曲を初披露。今現在の自身の心境を歌ったかのような「こんなにさ 幸せって事を伝えたいだけの歌 歌唄い気取りの勘違いの歌」という歌詞が胸を打つこの楽曲を、あいみょんは1万4000人と共に合唱した。

最後の1曲を残し、あいみょんはZepp Tokyoで日本武道館の開催を発表したときのことを回想。「自分が生きてきてあんなに大きい歓声をもらえることはない。骨になって焼かれるまで忘れることはないと思います」としみじみ語り、「武道館という空間を最後の最後まで堪能したいと思います!」と宣言してラストナンバー「君はロックを聴かない」を披露。観客と大合唱を繰り広げたあいみょんは涙ぐみながら「皆さん、今日は私に一番の特等席をありがとうございます。まだまだ一緒に見れる景色があると思えました」と来場者やスタッフへ感謝の気持ちを述べる。続けて「武道館が決まったときに『360°のステージを独り占めして』って言ってくれたマネージャーを呼んでいいですか?」と、あいみょんを支え続けてきた女性マネージャーをステージに招き入れ、2人は涙を流しながらギュッと抱き合った。最後にあいみょんは「路上ライブからこんなところまで来させてくれてありがとうございました!」と思いの丈を叫び、深くお辞儀をして笑顔でステージを降りた。

5月からは、あいみょんがゲストを迎えて行う対バンツアー「AIMYON TOUR 2019 “ラブコール”」が北海道・Zepp Sapporoを皮切りにスタート。10月から12月にかけてはワンマンツアー「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-」が開催される。

あいみょん「AIMYON BUDOKAN -1995-」2019年2月18日 日本武道館 セットリスト

01. マリーゴールド
02. 愛を伝えたいだとか
03. わかってない
04. 満月の夜なら
05. 風のささやき
06. 恋をしたから
07. ○○ちゃん
08. ハルノヒ
09. 貴方解剖純愛歌 ~死ね~
~SNACK TIME RADIO~
10. 憧れてきたんだ
11. 今夜このまま
12. ふたりの世界
13. どうせ死ぬなら
14. GOOD NIGHT BABY
15. いつまでも
16. 生きていたんだよな
17. 1995
18. 君はロックを聴かない

AIMYON TOUR 2019 “ラブコール”

2019年5月17日(金)北海道 Zepp Sapporo
2019年5月24日(金)愛知県 Zepp Nagoya
2019年5月25日(土)愛知県 Zepp Nagoya
2019年5月31日(金)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2019年6月1日(土)大阪府 Zepp Osaka Bayside
2019年6月9日(日)福岡県 Zepp Fukuoka
2019年6月14日(金)東京都 Zepp Tokyo
2019年6月15日(土)東京都 Zepp Tokyo
2019年6月22日(土)宮城県 チームスマイル・仙台PIT
2019年6月23日(日)宮城県 チームスマイル・仙台PIT

AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-

2019年10月11日(金)埼玉県 三郷市文化会館
2019年10月13日(日)北海道 札幌文化芸術劇場hitaru
2019年10月17日(木)新潟県 新潟テルサ
2019年10月18日(金)新潟県 新潟テルサ
2019年10月23日(水)大阪府 オリックス劇場
2019年10月24日(木)大阪府 オリックス劇場
2019年10月26日(土)愛知県 愛知県芸術劇場
2019年10月27日(日)愛知県 愛知県芸術劇場
2019年11月2日(土)熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2019年11月3日(日・祝)鹿児島県 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
2019年11月7日(木)宮城県 仙台サンプラザホール
2019年11月8日(金)宮城県 仙台サンプラザホール
2019年11月14日(木)広島県 上野学園ホール
2019年11月15日(金)広島県 上野学園ホール
2019年11月17日(日)福岡県 福岡サンパレス
2019年11月23日(土・祝)愛媛県 松山市民会館
2019年11月24日(日)香川県 サンポートホール高松
2019年11月30日(土)石川県 本多の森ホール
2019年12月14日(土)兵庫県 ワールド記念ホール
2019年12月15日(日)兵庫県 ワールド記念ホール
2019年12月17日(火)神奈川県 横浜アリーナ
2019年12月18日(水)神奈川県 横浜アリーナ

音楽ナタリーをフォロー