音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ラスアイ阿部、長月、間島、清原が初出演映画公開の喜び語る

43

ラストアイドルの阿部菜々実、長月翠、間島和奏、清原梨央が出演する映画「がっこうぐらし!」の公開記念舞台挨拶が本日1月26日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、4人と柴田一成監督が登壇し公開の喜びを語った。

「がっこうぐらし!」は海法紀光(ニトロプラス)と千葉サドルによる同名マンガの実写化作品。“ゾンビのようなもの”が存在する世界を舞台に、共同生活を送って生き延びる女子高生4人の姿が描かれる。阿部は「私たちの映画が全国で公開されているという実感はまだないんですが、感想をいただけてうれしいです」と笑顔を見せ、長月は「不安で(感想の)エゴサーチができなかった。でも昨日ついに(エゴサーチを)しました!」と報告して、ファンの感想ツイートへの感謝を明かした。

間島は「原作ファンの方も認めてくださっていて、本当にうれしかったです。皆さんの声が力になるので、ぜひ感想を送っていただけたら」、清原は「反響がすごくいいですよね」と手応えを語り、「私は毎日エゴサーチして、反応を見てはニヤニヤしています」とそれぞれコメント。途中にはサプライズとして柴田監督が4人に卒業証書を送り、阿部に「内に秘めた闘志が人一倍でした」、長月に「一番難しい役だった。長月翠さんじゃなければ成立しなかったと思います」、間島に「最初から演技がうまかった。間島さんのお芝居によって救われているシーンがたくさんあります」、清原に「最初は本当に駄目だったんですが(笑)。でも役の気持ちの移り変わりをうまく表現してくれました」とメッセージを送った。

監督からのプレゼントを受けた阿部は「この作品と出会う前は女優にはならないって思っていたんですけど、『がっこうぐらし!』を通じて演技って楽しいなと感じました」と語り、今後の女優としての活動に意気込みを見せた。このほかイベントにはエンディングテーマを担当するWi-Fi-5も登壇し、公開を祝した。

音楽ナタリーをフォロー