乃木坂46「日本レコード大賞」2年連続大賞受賞の快挙達成

1831

本日12月30日(日)にTBS系で放送された「第60回 輝く!日本レコード大賞」にて、優秀作品賞にノミネートされた10組の中から乃木坂46の「シンクロニシティ」が大賞に選ばれた。

乃木坂46

乃木坂46

大きなサイズで見る(全2件)

乃木坂46「シンクロニシティ」Type-Aジャケット

乃木坂46「シンクロニシティ」Type-Aジャケット

シンクロニシティ(Type-A)

乃木坂46「シンクロニシティ(Type-A)」
Amazon.co.jp

乃木坂46は昨年の「日本レコード大賞」でも「インフルエンサー」で大賞を獲得しており、2年連続での大賞受賞という快挙を達成した。受賞についてコメントを求められると、白石麻衣は「本当にうれしいです。まさか大賞を取れると思ってなかったので、感謝の気持ちでいっぱいです」、桜井玲香は「昨年いただいたことが誇りになりましたし、それがきっかけで今年は素晴らしい1年を過ごさせていただいたので、今年もいただけて、さらに飛躍できるようにがんばっていきたいと思います」とそれぞれ涙ながらに語り、年内でグループを卒業する西野七瀬は「今年一番うれしいです。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを口にした。そして彼女たちは涙を流しながらも堂々と「シンクロニシティ」をパフォーマンスし、「第60回 輝く!日本レコード大賞」を締めくくった。

なお最優秀新人賞は、1月にシングル「下町純情」でデビューした現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうとが獲得している。

この記事の画像(全2件)

関連記事

乃木坂46のほかの記事

リンク

関連商品