音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

映画「ゴクドルズ」劇中アイドルがデビューアルバムリリース、ED曲はORESAMA提供

284

ゴクドルズ「IDOL Kills」告知ビジュアル

ゴクドルズ「IDOL Kills」告知ビジュアル

2月8日公開の映画「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」に登場する劇中アイドル“ゴクドルズ”が2月13日にデビューアルバム「IDOL Kills」をリリースする。

「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」は2015年から今年9月まで雑誌「週刊ヤングマガジン」で連載されたジャスミン・ギュによるマンガ「Back Street Girls」を実写映画化したもの。極道を歩んできた3人の男性が全身整形し、女性アイドルグループ・ゴクドルズとして生きていくさまをコミカルに描く。ゴクドルズの正統派リーダー・アイリを岡本夏美、クールビューティなマリを松田るか、妹キャラのチカを坂ノ上茜が演じる。

ゴクドルズのデビューアルバムは初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態で発売され、初回盤Aにはレコーディング風景を収めたDVD、初回盤Bにはフォトブックがそれぞれ付属。本作に収録される「ヴィーナス」はORESAMAの提供曲で、映画のエンディングテーマに採用されている。また映画本編のゴクドルズ歌唱シーンと共に「ヴィーナス」の一部が試聴できる動画がYouTubeで公開された。

ぽん(ORESAMA)コメント

お話を頂いた時この出会いでどんな作品が生まれるのかと、とてもワクワクしました。
愛を賭けて闘うオンナノコたちのアレコレに想いを馳せながら、ポップでキュートで少し棘のある楽曲が完成しました。劇場で鑑賞出来る日を楽しみにしております!

ゴクドルズ「IDOL Kills」収録内容

CD

・ヴィーナス
・恋のサカズキ
・怒ってんの?
・あたたかいその指
・夢のシマへ
・ありがとう
ほか全12曲収録

DVD(初回限定盤A)

・レコーディングメイキング映像ほか

音楽ナタリーをフォロー