音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

PELICAN FANCLUB “鮮やかな色”に染まった渋谷クアトロでツアーに幕

151

PELICAN FANCLUB(撮影:伊藤惇)

PELICAN FANCLUB(撮影:伊藤惇)

PELICAN FANCLUBがライブツアー「PELICAN FANCLUB TOUR 2018 "Boys just want to be culture"」のファイナル公演として、12月5日に東京・渋谷CLUB QUATTROでワンマン公演を開催した。

11月にリリースしたメジャーデビューアルバム「Boys just want to be culture」を携え、全国9カ所を回ったPELICAN FANCLUB。「素敵な夜を楽しもう!」というエンドウアンリ(Vo, G)の言葉を合図に、バンドは初期ナンバーであり最新アルバムにも収録されている「Telepath Telepath」でライブをスタートさせた。場内に心地のいい空間を生み出した3人は、ハンドクラップが響く中「Dali」を続ける。研ぎ澄まされたサウンドによって描かれるバンドの濃密な世界観に、オーディエンスは深く飲み込まれていった。

「アルミホイルを巻いて」では淡々としているようで熱をはらんだ彼らのプレイに、フロアから感嘆の声と大きな拍手が沸き起こった。不穏なギターの音色に乗せて叫ぶように歌われた「ガガ」、重厚なサウンドが渦巻く「許されない冗談」といったナンバーが続き、オーディエンスはバンドが生み出すアンサンブルに一層集中して聴き入る。そしてカミヤマリョウタツ(B)のスラップベースとシミズヒロフミ(Dr)の跳ねるようなビートにエンドウのカッティングギターが重なり、彼らはファンクチューン「M.U.T.E」へとつなげた。

エンドウは最新アルバムについて「この作品はエンドウ、そしてPELICAN FANCLUBの頭の中をこれまでかというほどに集約させた、名刺代わりの作品になりました」と述べ、「今日はツアーファイナルです。どっぷりと浸かっていってください」と改めて挨拶。その後バンドは本作より「to her」を披露し、メロディアスなサウンドを柔らかに奏でた。「ヴァーチャルガールフレンド」で繊細な歌声を響かせたエンドウは「ここからはアダルトでビターなPELICAN FANCLUBを!」と微笑み、ライブは後半戦へ。「ハッキング・ハックイーン」で3人は狂気をにじませたアグレッシブなプレイを繰り広げ、オーディエンスを圧倒した。

「VVAVE」でエンドウがジャケットを脱ぎ捨てTシャツ姿になると、バンドの演奏は一層ヒートアップしていく。鮮烈なギターサウンドで始まった「説明」ではエンドウのシャウトが場内に響きわたった。彼はツアーで回った場所によってそれぞれ異なる“色”があると語り、「今日渋谷でどんな色になるのか想像していなかったけど、すごく鮮やかな色だなと思いました」と笑顔を見せる。「ハイネ」で浮遊感のあるサウンドを紡いだ3人は、カミヤマが「まだまだ行こうぜ! 渋谷!」とフロアを煽ったのと同時に「Night Diver」へ突入。彼らのエネルギッシュなプレイに、オーディエンスは力強く拳を突き上げて応えた。疾走感のあるナンバー「SF Fiction」を経て、バンドが放ったのは最新アルバムのラストを飾る「ノン・メリー」。カラフルなライトに照らされながら3人は力強いサウンドをストレートに届け、ライブ本編を締めくくった。

アンコールを求める拍手に呼ばれ、再びステージに現れた3人は「花束」をたおやかに演奏。エンドウは「PELICAN FANCLUBは今すごいいい状況です!」と目を輝かせ、「曲を作ってるんですけど、作る曲全部いい。楽しみにしていてください」とオーディエンスの期待を煽った。その後4月に京都・GROWLYと東京・LIQUIDROOMでフロアライブ企画「ゼロ距離ワンマンライブ “DREAM DAZE 2019”」が行われることが発表され、場内は大盛り上がり。そしてバンドはラストナンバー「記憶について」でみずみずしいサウンドを場内いっぱいに響かせ、充実した表情でメジャーデビュー後初のツアーを終えた。

PELICAN FANCLUB「PELICAN FANCLUB TOUR 2018 "Boys just want to be culture"」2018年12月5日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01. Telepath Telepath
02. Dali
03. Luna Lunatic
04. アルミホイルを巻いて
05. Chilico
06. プラモデル
07. ガガ
08. 許されない冗談
09. M.U.T.E
10. クラヴィコードを弾く婦人
11. Shadow Play
12. to her
13. ヴァーチャルガールフレンド
14. ハッキング・ハックイーン
15. VVAVE
16. 説明
17. ハイネ
18. Night Diver
19. SF Fiction
20. ノン・メリー
<アンコール>
21. 花束
22. 記憶について

PELICAN FANCLUB「ゼロ距離ワンマンライブ “DREAM DAZE 2019”」

2019年4月7日(日)京都府 GROWLY
2019年4月13日(土)東京都 LIQUIDROOM

音楽ナタリーをフォロー