音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ヒプノシスマイク3rdライブも大成功、サ上とロ吉やラッパ我リヤも交えてZepp DCで熱演

36894

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》」の様子。(撮影:粂井健太)

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》」の様子。(撮影:粂井健太)

男性声優12人によるラップソングプロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」のライブイベント「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》」が昨日11月17日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで行われた。

8月に東京・ステラボールで行われた2ndライブに続く3rdライブには、山田一郎役の木村昴、山田二郎役の石谷春貴、山田三郎役の天崎滉平、毒島メイソン理鶯役の神尾晋一郎、入間銃兎役の駒田航、神宮寺寂雷役の速水奨、伊弉冉一二三役の木島隆一、観音坂独歩役の伊東健人、飴村乱数役の白井悠介、夢野幻太郎役の斉藤壮馬、有栖川帝統役の野津山幸宏の11名が出演。オープニングムービーをバックに登場した11人はDJけいたんと共にプロジェクト始動曲「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」でライブの幕を開けると、各キャラクターの個性を前面に押し出したラップでファンをその世界観に没入させていく。彼らは続けて「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」をパフォーマンス。11人がアグレッシブなライブパフォーマンスを繰り広げる中、フロアは早くも熱狂的な盛り上がりを見せた。

11人によるパフォーマンスのあとは、各ディビジョンメンバーのソロコーナーへ。今回欠席となった碧棺左馬刻役の浅沼晋太郎がVTRでラップを交えながら会場に思いを届けたのち、ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREWの2人がそれぞれソロ曲を聴かせる。理鶯は「What's My Name?」で場内に自分の名前を響かせ、続く銃兎はアダルトな雰囲気漂う「ベイサイド・スモーキングブルース」をパフォーマンスし、理鶯とその歌声を重ねた。銃兎は過熱気味の観客を気遣って「お前ら一歩ずつ下がるんだ」とアナウンスし、観客がそれに応じると理鶯は「よくできたなお前ら」とねぎらった。続いて登場したのはシブヤ・ディヴィジョン・Fling Posse。飴を振りながら「drops」をかわいく歌い上げた乱数は、曲終わりに「またデートしようね!」と言ってフロアから歓声を集める。続く帝統が「3$EVEN」の気迫あふれるラップでフロアのテンションを引き上げたのち、本を手にした幻太郎は優しく語りかけるように「シナリオライアー」をパフォーマンス。彼は「全部嘘なんだけどね」と決めゼリフを残して出番を終えた。

シンジュク・ディビジョン麻天狼の一番手を務めたのは一二三。ミラーボールが輝く中、彼のソロ曲「シャンパンゴールド」でフロアは熱狂の渦と化す。続く独歩は重々しいビートの「チグリジア」で気だるげにラップ。観客から「先生!」と呼ばれた寂雷は「迷宮壁」で荘厳なラップパフォーマンスによりフロアを圧倒した。ソロコーナーの最後に登場したのはイケブクロ・ディビジョンBuster Bros!!!の3人。長男の一郎はフロアを見渡しながら「いい顔してるぜ! みんな見えてるからな!」と語りかけつつ、「俺が一郎」で堂々としたパフォーマンスを繰り広げる。一郎に「自慢の弟」と紹介された二郎がロックチューン「センセンフコク」をフロアに叩き込んだあと、三郎はバッハの「G線上のアリア」をサンプリングした「New star」で場内をチルアウトさせた。

ここでサイプレス上野とロベルト吉野がゲスト出演。左馬刻のソロ曲「G anthem of Y-CITY」を作詞したサ上は同曲のリリックをアカペラでラップしてファンを沸かせたのち、「ヒップホップ体操第二」で場内に一体感をもたらした。サ上とロ吉の退場後は、各ディヴィジョンがチーム曲を展開していく。MAD TRIGGER CREWの理鶯と銃兎は、左馬刻のパートをカバーしながら「Yokohama Walker」で観客の体を揺らし、曲を終えた銃兎は「先に行かせてもらう、あいつが待ってる」という言葉を残してステージを去った。Fling Posseの3人は「Shibuya Marble Texture -PCCS-」をポップに歌唱し、麻天狼は「Shinjuku Style ~笑わすな~」をクールにパフォーマンス。Buster Bros!!!が披露した「IKEBUKURO WEST GAME PARK」では、一郎のヒューマンビートボックスや二郎と三郎によるコール&レスポンスが会場を盛り上げた。

ライブ終盤には各ディビジョンがバトル曲で対峙。Buster Bros!!!とMAD TRIGGER CREWは「WAR WAR WAR」、Fling Posseと麻天狼は「BATTLE BATTLE BATTLE」で激突し、それぞれのメンバーが体を密着させながらパフォーマンスを競い合う。そして決勝に進んだMAD TRIGGER CREWと麻天狼は新曲「DEATH RESPECT」を初披露。山嵐が手がけた激しいサウンドの上でそれぞれのメンバーが熱の込もったラップをぶつけ合い観客をエキサイトさせた。各ディビジョンによるバトル終了後、2組目のゲストとしてラッパ我リヤが登場。Mr.Q、山田マン、DJ TOSHIの3人は「ヤバスギルスキル10」でフロアを大いに沸かせた。

そしてステージには11人が再び集結。ヒプノシスマイクと眼鏡市場のコラボ企画などが告知されたのち、たかはし智秋演じる内閣総理大臣補佐官および警視庁警視総監、行政監察局局長・勘解由小路無花果が現れる。男性キャストを「下郎ども」と呼ぶ彼女は、12月12日(水)放送のニコニコ生放送「第一回 韻踏闘技大會 優勝発表會」にてFinal Battleの結果が発表されることを明かした。各ディビジョンのメンバーからの総括を挟んで、最後はサ上とロ吉、ラッパ我リヤを交えたオールキャストでオープニングナンバー「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」を熱演。全演目を終えた出演者と観客は声をそろえて「PEACE!」と叫んで3rdライブに幕を下ろした。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》2018年11月17日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- / Division All Stars
02. ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem- / Division All Stars
03. What's My Name? / 毒島メイソン理鶯(CV:神尾晋一郎)
04. ベイサイド・スモーキングブルース / 入間銃兎(CV:駒田航
05. drops / 飴村乱数(CV:白井悠介
06. 3$EVEN / 有栖川帝統(CV:野津山幸宏)
07. シナリオライアー / 夢野幻太郎(CV:斉藤壮馬
08. シャンパンゴールド / 伊弉冉一二三(CV:木島隆一
09. チグリジア / 観音坂独歩(CV:伊東健人
10. 迷宮壁 / 神宮寺寂雷(CV:速水奨
11. 俺が一郎 / 山田一郎(CV:木村昴
12. センセンフコク / 山田二郎(CV:石谷春貴
13. New star / 山田三郎(CV:天崎滉平
14. ヒップホップ体操第二 / サイプレス上野とロベルト吉野
15. Yokohama Walker / MAD TRIGGER CREW
16. Shibuya Marble Texture -PCCS- / Fling Posse
17. Shinjuku Style ~笑わすな~ / 麻天狼
18. IKEBUKURO WEST GAME PARK / Buster Bros!!!
19. WAR WAR WAR / Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW
20. BATTLE BATTLE BATTLE / Fling Posse VS 麻天狼
21. DEATH RESPECT / MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼
22. ヤバスギルスキル10 / ラッパ我リヤ
23. ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-SPversion / All Cast

ニコニコ生放送「第一回 韻踏闘技大會 優勝発表會」

2018年12月12日(水)21:00~

※天崎滉平の崎は立つ崎が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー