音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46齋藤飛鳥「キミオイ」舞台挨拶で恋愛観語る「追いかけてもらったら申し訳ない」

658

映画「あの頃、君を追いかけた」初日舞台挨拶登壇者。

映画「あの頃、君を追いかけた」初日舞台挨拶登壇者。

乃木坂46齋藤飛鳥が出演する映画「あの頃、君を追いかけた」の初日舞台挨拶が本日10月5日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われた。

「あの頃、君を追いかけた」は2011年に台湾で公開されたギデンズ・コー監督による同名映画のリメイク版。日本版では長谷川康夫監督が2000年代の日本を舞台に新たに撮り下ろし、主人公のお調子者な高校生・水島浩介を山田裕貴が、水島が憧れるヒロイン・早瀬真愛を齋藤が演じている。

齋藤らは劇中の時代から“10年後、同窓会で再会”というコンセプトの衣装でステージに登場。今作が映画初出演作となる齋藤は「無事公開されてうれしいんですけど、映画初出演ということで自分に対する不安が大きかったので公開されないことになんないかなって……」と控えめにコメント。これを相手役の山田が「素晴らしかったですよね!」と全力でフォローし、客席から拍手が起こるひと幕もあった。

またMCに「好きなシーン」を尋ねられた山田は「真愛の回想シーンが好き」と回答。客席にも一連のシーンで泣いた人が多数いたことがわかると山田は「めっちゃうれしい!」とハイテンションでガッツポーズを繰り出し、齋藤の爆笑をさらう。一方の齋藤は「山田さんが雨の中自転車に乗って叫ぶシーンは美しい」と振り返っていた。さらにタイトルにちなんだ「追いかけたいか、追いかけられたいか」という質問に齋藤は「どっちも嫌というか……。追いかけることはできないけど、追いかけてもらったら申し訳なくなる」とポツリ。これに山田が「関わらないでってこと?」とツッコむと、「そんな冷たい感じではないですけど。そっとしてって……」と述べて会場を沸かせた。

最後に齋藤はこの映画について「楽しい雰囲気と同時に、戻らない時間は美しくてはかなくて大切なんだなって伝わったと思います。ご自身と重ね合わせていただけたらなと思います」と語り、イベントを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー