音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

坂口喜咲、「あいのうた」であふれた真夏のリリースパーティ

155

坂口喜咲(撮影:萩原楽太郎)

坂口喜咲(撮影:萩原楽太郎)

坂口喜咲のライブイベント「『あなたはやさしかった』Release Party~真夏のあいのうた~」が7月29日に東京・渋谷Star Loungeで開催された。

2ndアルバム「あなたはやさしかった」のリリースを記念して行われた本企画。当日は坂口のほか、オープニングアクトとして宗藤竜太が出演した。

最初に登場した宗藤は「夜に驚く君に」「庭の水やり」といったナンバーを披露。柔らかな歌声と、優しくつま弾かれるアコースティックギターの音色で来場者たちを温かく迎えた。「いじわる」の演奏を終えると、宗藤は企画に誘ってくれた坂口に対する感謝の思いを語り「今日は素晴らしい日になると思います。皆さん楽しんでいってください」と観客たちに声をかけてステージをあとにした。

続いての坂口は君島大空(G)、闇日本5000(B / まん腹)、ねつのりお(Dr)を演奏メンバーに迎えたバンド編成「坂口喜咲とシーパラダイスの皆さん」としてライブを実施。開放感に満ちた「地下鉄」、ノスタルジックなムードの「壊れたサマー」など、バラエティに富んだバンドサウンドでライブ冒頭を彩った。坂口と君島の2人でプレイされた「病院まではとても遠い」「ハト」では、君島の浮遊感あふれるギターサウンドに、坂口が伸びやかなボーカルを重ね合わせていき、フロアを幻想的に演出。「にんげん」では坂口が各メンバーの持参してきた人形やお面をマイクスタンドの前に置き、表情豊かな歌声を披露した。

さらに「靴下」からはゲストとして、アルバム「あなたはやさしかった」のレコーディングにも携わったおおくぼけい(Key / アーバンギャルド)が参加。君島とおおくぼがメロディアスなフレーズを奏でた「DO-SHE-YOU」、坂口がフロアに降り、観客たちを巻き込みながらパフォーマンスを繰り広げた「終わる、眠れずに。」で一気に会場の熱気を高めた。本編最後の「お花になりたい」ではおおくぼのピアノサウンドのみをバックに据え、坂口はどこか寂しげな様子で歌唱。会場をセンチメンタルな雰囲気で包み込んだ。

アンコールの「夏の姫」では、坂口以外のメンバーがサビを歌うシーンもあった。その中でねつのりおはドラムソロを交えつつソウルフルに熱唱し、オーディエンスの歓声を誘った。そして坂口は「心臓に愛をおくりたい」でライブのフィナーレをロマンチックに描いたのち、オーディエンスに幾度も感謝の言葉をかけ、名残惜しそうに舞台を去った。

坂口喜咲 2nd Album「あなたはやさしかった」Release Party~真夏のあいのうた~ 2018年7月29日 渋谷Star Lounge セットリスト

宗藤竜太

01. 夜に驚く君に
02. 小学6年生
03. 庭の水やり
04. いじわる

坂口喜咲とシーパラダイスの皆さん

01. 地下鉄
02. スロープ OVER THE RAINBOW
03. 壊れたサマー
04. ポークカツ
05. 病院まではとても遠い
06. ハト
07. にんげん
08. DECEMBER
09. あいのうた
10. 靴下
11. DO-SHE-YOU
12. あたしの彼氏の悪口言うやつ全員殺す
13. 終わる、眠れずに。
14. お花になりたい
<アンコール>
15. 夏の姫
16. 心臓に愛をおくりたい

音楽ナタリーをフォロー