音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

なかの綾ニューアルバムは“仮想A面&B面”、渡辺祐と制作秘話語る動画企画も

308

なかの綾

なかの綾

なかの綾のニューアルバム「Double Game」が本日6月20日にリリースされた。

エディターの渡辺祐が企画監修を手がけた本作には、「アサミのブルース」「ギリギリの関係」といった既発のシングル曲やaCKy(Only Love Hurts)が作詞を手がけた新曲「あたしはあんたのクスリじゃない」、工藤静香「抱いてくれたらいいのに」のカバーなど全12曲を収録。前半は女性のみのビッグバンド・たをやめオルケスタの演奏をフィーチャーした「BUTTERFLY SIDE」、後半はSWING-Oをプロデューサーに迎えた「GLAMOUR SIDE」という“仮想A面&B面”構成となっている。

なおVIVID SOUNDのYouTube公式チャンネルでは、なかのと渡辺がアルバムの制作秘話を語る動画企画「なかの綾『Double Game』リリース記念座談会」が公開中。本企画は全10回を予定している。また渡辺がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO DONUTS」の6月23日(土)放送回にはゲストとしてなかのが出演する。

なかの綾「Double Game」収録曲

A[BUTTERFLY SIDE]
01. いらっしゃいませ~ウイスキーが、お好きでしょ
02. スナック鯉~エピソード2
03. 抱いてくれたらいいのに
04. あたしはあんたのクスリじゃない
05. かもめはかもめ
06. アサミのブルース
B[GLAMOUR SIDE]
07. そろそろいっとく?~涙の太陽
08. 涙の太陽(Crying in a Storm)
09. ボーイ・アンド・ガール
10. ギリギリの関係
11. にがい涙
12. Proud Mary feat. Yoshio “Barry” Sato

J-WAVE「RADIO DONUTS」

2018年6月23日(土)8:00~12:00

音楽ナタリーをフォロー