音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

次期朝ドラ「まんぷく」に桐谷健太、松井玲奈、ハマケンら11名出演決定

590

NHK連続テレビ小説「まんぷく」新キャスト発表会見の様子。(写真提供:NHK)

NHK連続テレビ小説「まんぷく」新キャスト発表会見の様子。(写真提供:NHK)

10月1日(月)から放送されるNHK連続テレビ小説「まんぷく」に、桐谷健太松井玲奈浜野謙太在日ファンク)ら新キャスト11名が出演することが発表された。

「まんぷく」はインスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる物語を描くヒューマンドラマ。主人公の今井福子を安藤サクラ、彼女の夫である立花萬平を長谷川博己が演じる。

本日6月4日に大阪・NHK大阪放送局で行われた追加キャスト発表会見では桐谷、松井、浜野に加え、瀬戸康史岸井ゆきの橋本マナミ、呉城久美、藤山扇治郎中尾明慶片岡愛之助橋爪功の出演が明らかに。桐谷は萬平の優れた技術と才能にいち早く気づき、製作側から販売側に転身する商社経営者の世良勝夫役を担当。会見で自身の楽曲「海の声」を披露した桐谷は「紅白ではお世話になりましたが、“朝ドラ”は初めてなので。先ほど(プロデューサーが)ちょっと濃い目の出演者とおっしゃいましたが、僕は“背脂チャッチャッチャッ”系ラーメンぐらい濃いといわれているので、それぐらい思い切りたくましい世良を演じたいと思います」と語った。

松井は主人公・福子の友人、鹿野敏子を演じる。彼女は自身の役どころについて「見ている視聴者の方の一番近くにいられるようなキャラクターだと思っています。見ている方が福ちゃん頑張れ、萬平さん頑張れと感情移入してもらえるように、敏子という役を演じて、安藤さんが演じる福ちゃんに寄り添っていけたらいいなと思います」とコメント。

浜野は内田有紀演じる福子の姉・咲に恋心を抱く歯医者の牧善之介を担当。どこへ行くにも白馬に乗って移動するという役の収録現場について「NHK大阪局史上初めてセットに馬を入れたということで、その日は僕の登場というより馬の登場でみんなざわついていました。なんか素敵な雰囲気になっていると思うので、ぜひ楽しみにしてください」と述べている。

「まんぷく」は、2018年10月1日から2019年3月30日にかけて全151回放送される。

音楽ナタリーをフォロー