音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ワカバ、あの話題曲のPVにナース横峯さくら友情出演

ワカバのニューアルバム「今、春が来た」が3月10日にリリース。この発売に先駆け、アルバム収録曲「ヤンバルクイナが飛んだ(ワカバージョン)」のビデオクリップが本日3月2日にオフィシャルサイトにて公開された。

「ヤンバルクイナが飛んだ」はフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴンII」から生まれた新ユニット・サーターアンダギーへの提供曲として制作された、カシアス島田作詞、松井亮太作曲のナンバー。アルバムにはこの曲と、新選組リアンへの提供曲「本当に僕でいいんですか」のセルフカバーを含む全9曲が収められる。

本日より公開されている「ヤンバルクイナが飛んだ」のビデオクリップには、2009年の女子プロゴルフ賞金王・横峯さくらが友情出演している。ワカバと横峯は共通の知人の紹介で知り合い、先日開催された横峯の賞金女王祝賀パーティではワカバの2人がプレゼントとして生歌を披露。プライベートな友達として親交を深めていることから、今回のコラボが実現した。

横峯はこのビデオクリップに看護師役として出演。姉の彩花とともに病室で血圧計を持つナース役を演じている。また、ワカバ第3のメンバーである作詞担当の塚本伸男がサラリーマン役を熱演しているのも見どころのひとつだ。

ワカバは3月22日より、最新アルバムを携えた全国ツアー「ワカバ LIVE TOUR 2010『今、春が来た』」を実施。山形、大阪、東京の3都市で行われる。

■ ヤンバルクイナが飛んだ(ワカバージョン)

音楽ナタリーをフォロー