音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

CUBERS、“最高に素敵なメンバー”で満員のホール沸かす

258

CUBERS「CUBERSワンマンライブ ~それじゃ、ホールワンマン~」の様子。(撮影:牛島康介)

CUBERS「CUBERSワンマンライブ ~それじゃ、ホールワンマン~」の様子。(撮影:牛島康介)

CUBERSが昨日5月27日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、グループ初のホール会場でのワンマンライブ「CUBERSワンマンライブ ~それじゃ、ホールワンマン~」を開催した。

客電が落ち、SEを合図にステージに登場したCUBERSの5人は息の合ったダンスでファンを沸かせる。春斗の「最高のワンマンライブにしましょう」という声と共に届けられたのは「Samenaide」。客席ではグループのイメージカラーである赤と青のペンライトが灯り、オーディエンスはメンバーのダンスに合わせて手を動かしてライブを楽しんでいた。「神様は忙しい」の歌唱中にはメンバーが「一緒に!」「もっと来ていいよ」と呼びかけ、客席からも大きな声が上がる。「Tic Tac」ではメンバーの「今何時?」の呼びかけに対し、観客が「今16時!」と答えるコール&レスポンスが決まり、ライブ序盤から一体感のあるパフォーマンスが繰り広げられていった。

MCではCUBERSのライブでおなじみとなりつつある春斗の“ポンコツっぷり”を披露するトークへ。TAKAが出演した「東京ストリートコレクション」にメンバー4人が観覧に行った際、なぜか春斗が出演者に紛れ込んでリハーサルに参加するという“珍事”が証拠写真と共に明かされると、会場内は大きな笑い声に包まれた。

ライブ中盤には各自のソロコーナーが用意されており、グループのメインボーカルを務める春斗はSKY-HI「Tyrant Island」でラップに挑戦。MCではたびたび噛んでしまう春斗だがこのコーナーではまくしたてるようなラップを見事に披露してみせて、その高い歌唱力を見せつける。綾介はゲストの田中斗希と共に得意のダンスを披露。アクロバティックな動きでファンの目を惹き付けた。末吉9太郎がスカートを穿いてチアガールに扮して登場すると、会場内は大盛り上がりに。「生まれ変わったらチアガールになりたかった」と明かす9太郎は、人形と一緒にチアダンスを披露した。優は身にまとっていたマントを脱ぎ捨てて鍛え上げた上半身を見せつけ、輪投げ、ピンポン玉キャッチ、テーブルクロス引きなどの芸に挑む。いずれの芸も成功することはなかったが、堂々とした佇まいで黄色い歓声を一心に浴びていた。TAKAはこの日のために練習してきたというギターの弾き語りをパフォーマンス。バンドメンバーと共に藤井フミヤの「TRUE LOVE」を歌い上げて、ファンを魅了した。

再びCUBERSの5人がステージにそろうと、バンドメンバーの生演奏に乗せて「カラフルにしよう」とMaroon 5「Sunday Morning」の2曲を披露。この2曲ではCUBERSが定期的に開催しているライブイベント「踊らないワンマン」と同じく5人がダンスを踊らず歌に専念し、会場内に心地よいハーモニーを響かせた。

メンバー5人が街ロケをした映像の上映を経て、タキシードに着替えた彼らは「Bi'Bi'Bi'」でライブを再開。「STAND BY YOU」の歌唱中には、メンバーが客席に降りて行き会場を盛り上げる。TAKAは2階席にまで足を運び、1人ひとりとハイタッチをしてファンとの交流を楽しんでいた。春斗の「この衣装で歌いたかった」という言葉と共に歌われたのは、最新シングルの表題曲である「それじゃ、よろしく」。3月から5月にかけてのリリースイベントで欠かさず披露されてきたこの曲はファンにもすっかり浸透しており、客席では彼らの振りマネをするオーディエンスの姿もあった。本編最後の曲に入る前にはメンバーがクラップを促し、「今日はどんな日だった?」の歌唱へ。メンバーはファンが鳴らす手拍子に合わせて体を揺らしながら熱のこもった歌声を届けて、ライブ本編の幕を閉じた。

熱烈なアンコールに応えてメンバーが再登場すると、ファンはサプライズとして赤と青のフラッグを振って彼らを歓迎。「Good good-bye」の歌唱中にはメンバーがサインボールを客席に投げ入れるなど、最後まで客席を巻き込んでファンを楽しませた。最後のMCでTAKAはCUBERSの5人を「最高に素敵なメンバー」と称し、「もっと大きいステージに絶対連れて行って、いろんな景色を皆さんと一緒に見ていきたい」と自身の思いを打ち明けた。春斗は「僕たち5人がそろったことも奇跡ですし、皆さんと出会えたことも奇跡です。これからも奇跡を起こし続けて、いつか夢である味スタ(味の素スタジアム)でもこの曲を歌いたいと思います」と宣言し、ラストナンバー「Circus」の歌唱へ。会場内が拍手と歓声にあふれる中、5人は「CUBERSでした!」と声を合わせて挨拶し、「CUBERSワンマンライブ ~それじゃ、ホールワンマン~」を締めくくった。

CUBERS「CUBERSワンマンライブ ~それじゃ、ホールワンマン~」2018年5月27日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE セットリスト

01. Samenaide
02. 今さらMiss you
03. 神様は忙しい
04. Tic Tac
05. SHY
06. PINK
07. NANDE
08. 君に願いを
09. ソロコーナー
10. カラフルにしよう
11. Sunday Morning
12. Bi'Bi'Bi'
13. Shall we
14. STAND BY YOU
15. それじゃ、よろしく
16. 今日はどんな日だった?
<アンコール>
17. Listen to Miracle
18. Good good-bye
19. Circus

音楽ナタリーをフォロー