音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

超特急、さいたまスーパーアリーナに立つ!年末に単独公演「勢いに乗って迎えたい」

7398

超特急

超特急

超特急が12月にアリーナツアー「BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH」を開催することが決定した。

これは本日5月27日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで行われた彼らのワンマンライブ「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING『Sweetest Battle Field』」東京公演の中で発表となったもの。ツアー公演は12月7日に埼玉・さいたまスーパーアリーナ、12月26、27日に大阪・大阪城ホールで行われ、3日間合計でおよそ5万人を動員する予定となっている。このツアーでは演出担当のユーキをはじめ、メンバーが1人1役を担いライブ制作に携わることが決まっており、この日発表となったツアーロゴはタカシがデザインを担当したことも明かされた。ライブ前に行われた囲み取材で、さいたまスーパーアリーナでのライブ開催決定を知ったときの心境を問われたユーキは「『マジか』って感じでした!」と目を丸くする。報告を受けたのがライブ本番直前の楽屋だったといい、カイは「実感がそこまで湧いていない感があるので、今日8号車さんに発表したときの反応だとか、Webニュースを見たりしたら感じるのかなって思います」と素直な思いを語った。また、自身のレギュラー番組「次ナルTV-G」での書初めで、今年の目標として「SSAでライブ」としたためていたのはユースケ。彼は目標が実現することに「まさか叶うとは。でもね、何が起こるかわかりませんから! ちゃんと健康でいようよ。それに、今回のライブツアーを乗り越えてからじゃないとさいたまスーパーアリーナは見えてこないと僕は思っているので、みんなで成功させて勢いに乗って年末を迎えたいと思います」とメンバーと報道陣に向けて語りかけていた。

さらに本日のライブでは、超特急のレギュラー番組「超特急と行く!食べ鉄の旅 タイ編」が10月にスタートすることも発表となった。この番組は2017年に放送された「超特急と行く!食べ鉄の旅 台湾編」の続編で、今回メンバーはタイを舞台に食を通して同地の鉄道旅の魅力を紹介する。オンエア日や放送局など番組の詳細は、追ってアナウンスされる。現地での撮影はこれからで、カイは「タイ料理大好きだから楽しみ!」と笑顔。ユーキは「タイには台湾のような駅弁がないので、どういう企画になるのかを楽しみにしていただきたいです」と説明した。同番組では現地の人とのコミュニケーションが見どころの1つとなっているが、タクヤは「台湾は漢字があったからなんとかいけたんですけど、今回は……」と不安げな表情を浮かべる。これにリョウガは「絵と動きでがんばります!」と意気込み、カイは「超特急のボディランゲージ担当、ユースケががんばります!」と続いていた。

超特急 コメント

リョウガ

超特急が今年掲げていた夢…! さいたまスーパーアリーナに立つ事が決定ッ!!
更には大阪城ホール再びッ!!
幸せな限りです…。
このツアー以降が、超特急の「黄金時代」になれば良いなと思っています。
また、前回の年末ツアーに引き続きメンバーがライブ自体に携わらせていただくので、
そちらも注目してほしいと思っています。
食べ鉄シーズン2…! 台湾の次は…、「タイ」!! 微笑みの国、タイ。
沢山の現地の方の微笑みに触れながら、自分も笑顔に、そして視聴者の皆さんも笑顔に。
そんな喜色満面でラブアンドピースな番組になったら嬉しいです。台湾に引き続き、その土地の素晴らしさを皆さんに伝えられたら光栄です(^o^)

タカシ

今回のツアーロゴをデザインさせていただきました!
超特急の新時代、素敵な超特急黄金時代を迎えれるような煌びやかで華やかな「勲章」をモチーフにしたロゴをデザインさせていただきました!

「GOLDEN EPOCH」平成最期のアリーナツアーに相応しいライブにしていきます!!
超特急の黄金時代の始まりやで!

超特急「BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH」

2018年12月7日(金)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2018年12月26日(水)大阪府 大阪城ホール
2018年12月27日(木)大阪府 大阪城ホール

音楽ナタリーをフォロー