音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

中川翔子“レベル33”迎えたバースデーライブで33曲披露、マミタスへの“愛”歌いきる

307

中川翔子(撮影:外山繁)

中川翔子(撮影:外山繁)

中川翔子が昨日5月5日に東京・チームスマイル・豊洲PITでバースデーライブ「SHOKO NAKAGAWA BIRTHDAY LIVE ~19850505~」を実施。この記事では2部制で行われた本公演の第2部をレポートする。

今回のバースデーライブには、2部合わせて合計2600人ものファンが集結。彼女は自身がライブ当日に“レベル33”を迎えたことにちなんで、昼夜公演共にメドレーを含む33曲を披露した。

歓声とピンクのペンライトの光で迎えられたしょこたんは、バンドメンバー“ギザレンジャー”をバックに「9lives」で力強くライブの幕を開ける。「lemonade」でじっくりと歌声を聴かせたあと「会いたかったよみんな!」「今日はてんこ盛りフルボリュームでいくよ! 最後までついてきてねー!」と笑顔で挨拶。「レベル33に上がりました!!」と報告して祝福を受けた彼女は、「レベル33と言えば、ポケモンで言うとエンニュートに進化するし、ドラクエで言うとメラゾーマを覚えちゃう。今日が人生で最強の日だぜー!」と高らかに述べた。

またしょこたんが「今までで一番歳を取……レベルが高いにも関わらず、なんと2公演合わせて66曲歌うんです!」と明かすと客席からはどよめきが。「今日のライブのテーマは“懐かしい”。こんなセットリスト、ギザレンジャーしか演奏できません!」と彼女がメンバーを紹介したあと、ライブは“ハイテンションメドレー”へと突入した。ここでしょこたんは「Shiny GATE」「せーので恋しちゃえ▼」と2000年代発表のナンバーをその名の通りハイテンションに披露。でんぱ組.incとのコラボユニット・しょこたん▼でんぱ組の「PUNCH LINE!」をキュートかつセクシーに歌い上げたあとは、芯のあるボーカルで「happily ever after」を披露して熱い一面でもファンを魅了する。

フロアがオレンジ色のペンライトで染まった「涙の種、笑顔の花」を歌い終えると、しょこたんは「みんなのおかげで1曲ずつ歌うたび元気になっていくんですけどー! ユンケルスターよりも効く!」と絶好調の様子。「誕生日なので思いっきりやっちゃってもいいですか! 中川翔子の脳内を解剖すると出てくるのは、猫、宇宙、ホルモン……アニソンだよねー!」と続いてアニソンメドレーを披露することを明かした。彼女いわく“アラサーに優しいセットリスト”だと言うこのメドレーでは「シティーハンター」より「Get Wild」、「魔法陣グルグル」より「晴れてハレルヤ」と懐かしのアニソンが届けられる。一方で「けものフレンズ」の「ようこそジャパリパークへ」といった近年のナンバーも披露。また「ドラゴンボール超」のオープニングテーマ「限界突破×サバイバー」では彼女が生み出したキャラクター“スカシカシパンマン”が元気よく登場するも、しょこたんとファンによる“かめはめ波”によってステージから追い出される一幕もあった。

ファンと共にペンライトを使って一体感を生み出した「Magical Circle」「ドリドリ」のあと、しょこたんは一度ステージをはけて衣装チェンジ。ピンクのワンピースから白ベースのファーをあしらったドレスに着替えた彼女は、バースデーソング「make a wish ▽」を笑顔いっぱいに歌い上げる。曲中にはバースデーケーキが登場し、客席をバックにした写真撮影も行われた。「ヒットポイント、マジックポイントを回復してください」とオーディエンスを着席させた彼女は、ライブテーマに沿った懐かしのナンバーとして「千の言葉と二人の秘密」を幻想的な光の中で歌唱。さらに「ありがとうの笑顔」とバラードを続け、「みんな、いつも本当にありがとう!」と一礼してファンに感謝の気持ちを表した。

1年に1度、多くのファンと会える記念すべきライブということもあり、しょこたんはテレビアニメ「ラプンツェル ザ・シリーズ」の新曲「Set Yourself Free」をお披露目したり、12年連続で「劇場版ポケットモンスター」のゲスト声優に決定したことを述べたりと、オーディエンスに感謝を伝えながら近況を報告。さらに「兼ねてから諸先輩方から教わっていましたが、なんと言っても……三十路って楽しいー! 今までで一番リア充かもしれない!」とテレビドラマ「デイジー・ラック」の共演者とバーベキューをしたこと、彼女たちの影響でライブ翌日に免許を取りにいくことなど、インドア派であった自身の変化を語り「これからの私も見守ってくださいね」とフロアに呼びかけた。

観客をスタンドアップさせたしょこたんは、“甘々スイーツメドレー”として「みつばちのささやき」「ラベンダー」などをキュートに歌い上げるも、「甘宿り」演奏後には場内に激しい雨音が。「タオル持ってる!?」という彼女の呼びかけにより、続くロックチューン「TYRANT too young」で観客はタオルを振り回したりジャンプしたりと大いに盛り上がった。そこからライブは「ホリゾント」「桜色」「つよがり」「空色デイズ」とアッパーチューンが連続するゾーンへと突入し、場内には熱気と一体感が生まれていく。しょこたんは本編ラストに「We can do it!!」を歌い、「今日は人生で最強で最高の日だー!」と声を上げた。

アンコールの代わりにファンが「空色デイズ」を合唱していると、しょこたんは一緒に同曲を歌いながらステージに再登場。「答えはそう いつも バースデーライブにある」と替え歌しながらうれしそうな表情を浮かべる。「みんなが生きて、足を運んでくれるからコンサートを開くことができます。歌ってる瞬間が一番幸せです」と思いを述べた彼女は「ライブは、空にいる大切な命に一番声が届く時間だと信じてます。これからの人生でもライブで歌える瞬間を目指して、生きていきます」と言葉を重ねる。ここでしょこたんは昨年亡くなった愛猫・マミタスへの思いをヒャダインが歌にした「愛してる」を披露することに。去年のライブでは最後まで歌えなかったと言うこの曲だが、今年は涙を見せながらも最後まで歌いきった。そしてこの日、彼女が33曲目に選んだのは大切な存在を思って自身が作詞した「愛いっぱい、せいいっぱい」。最後にはしょこたんとファンによる大きなシンガロングが響き、会場は幸せな空気感で包まれた。

なおしょこたんは9月23日に東京・渋谷ストリームホールで、同会場の開業記念イベントを開催する。彼女のオフィシャルファンクラブ「ギザぴんく!」ではチケット先行予約を5月9日12:00より受け付ける。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

中川翔子「SHOKO NAKAGAWA BIRTHDAY LIVE ~19850505~ 第2部」2018年5月5日 チームスマイル・豊洲PIT セットリスト

01. 9lives
02. lemonade
03. apple universe
04. Shiny GATE
05. せーので恋しちゃえ▼
06. souffle secret
07. PUNCH LINE!
08. happily ever after
09. 涙の種、笑顔の花
10. セーラースターソング
11. Get Wild
12. 晴れてハレルヤ
13. ようこそジャパリパークへ
14. 限界突破×サバイバー
15. Magical Circle
16. ドリドリ
17. make a wish ▽
18. 千の言葉と二人の秘密
19. ありがとうの笑顔
20. Set Yourself Free
21. みつばちのささやき
22. ラベンダー
23. diamond high
24. 甘宿り
25. TYRANT too young
26. ホリゾント
27. calling location
28. 桜色
29. つよがり
30. 空色デイズ
31. We can do it!!
<アンコール>
32. 愛してる
33. 愛いっぱい、せいいっぱい

中川翔子「中川翔子 コンサート2018」

2018年9月23日(日・祝)東京都 渋谷ストリームホール
[1st]OPEN 13:00 / START 14:00
[2nd]OPEN 17:30 / START 18:30

音楽ナタリーをフォロー