音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アプガ(仮)、7周年ツアー開幕「熱い気持ちをぶつけ合う人生を送っていきたい」

186

「アップアップガールズ(仮)7周年ツアー~Still Goes On!!~」の様子。(撮影:土屋恵介)

「アップアップガールズ(仮)7周年ツアー~Still Goes On!!~」の様子。(撮影:土屋恵介)

アップアップガールズ(仮)のツアー「アップアップガールズ(仮)7周年ツアー~Still Goes On!!~」が昨日5月3日に東京・新宿ReNYにて開幕した。グループの結成7周年を記念して実施される今回のツアー。本稿では昼夜2部構成で行われた初日の夜公演の模様をレポートする。

オープニングアクトを務めた妹分グループ、アップアップガールズ(2)のハツラツとしたステージに続けて、overtureに乗せて軽やかな足取りでステージに登場した5人。関根梓の「新曲いくよ!」という一言から、夜の部は「最高シャイガール」で晴れやかに幕を開けた。続けて彼女たちはカラフルなレーザー光線が飛び交う中、「Shout!!!!!!!」、「(仮)は返すぜ☆be your soul」といったアップチューンを届けて、のっけから会場のボルテージを一気に引き上げていった。

この日の昼公演ではアプガが5枚目のアルバム「5thアルバム(仮)」を6月19日にリリースすることが発表されており、夜公演では1曲目の「最高シャイガール」に加え、幻想的なサウンドが印象深いミドルチューン「ナイトフライト」、THE イナズマ戦隊の上中丈弥が作詞、久保裕行が作曲を手がけたポジティブなロックチューン「私達」など、ニューアルバムから5曲の新曲が披露された。

中盤から後半にかけて「UPPER ROCK」や「チョッパー☆チョッパー」「アッパーレー」など、おなじみのキラーチューンでフロアをひとしきり盛り上げたアプガ(仮)。アンコール前のMCではメンバーを代表して佐保明梨が「7年やってきて、こんなカッコいい曲をもらえるようになったんだなって。月日の流れを感じました」とこの日のセットリストを振り返りながらグループの7周年について感慨深そうに語る。続けて彼女が「くじけそうになっても、がんばろうって気持ちになれるのは皆さんが応援してくれるからです。これからも皆さんと熱い気持ちをぶつけ合う人生を送っていきたいと思います!」とアプガファミリー(アプガファンの総称)への感謝と共に今後に向けた意気込みを力強く述べると場内から大きな拍手が沸き起こった。

アプガ(仮)は今後、ツアーファイナルとなる7月1日の愛知・SPADEBOXまで全国7都市でライブを実施。7月7日には東京LIQUIDROOMにて、アップアップガールズ(2)、アップアップガールズ(プロレス)を交えたライブイベント「アップアップガールズ(フェス)」を開催する。オフィシャルファンクラブ「アップアップガールズ(FC)」では5月8日18:00から5月15日23:59までチケットの先行予約を受け付ける。

「アップアップガールズ(仮)7周年ツアー~Still Goes On!!~」(※終了分は割愛)

2018年5月13日(日)群馬県 高崎club FLEEZ
2018年5月20日(日)東京都 立川BABEL
2018年6月2日(土)神奈川県 F.A.D YOKOHAMA
2018年6月9日(土)北海道 札幌KRAPS HALL
2018年6月23日(土)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2018年6月30日(土)大阪府 OSAKA MUSE
2018年7月1日(日)愛知県 SPADEBOX

「アップアップガールズ(フェス)」

2018年7月7日(土)東京都 LIQUIDROOM
<出演者>
アップアップガールズ(仮) / アップアップガールズ(2) / アップアップガールズ(プロレス)

※記事初出時、公演情報に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー