音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

けやき坂46、初舞台「あゆみ」が開幕「次につながる一歩に」

802

けやき坂46チームハーモニカによる「あゆみ」のワンシーン。

けやき坂46チームハーモニカによる「あゆみ」のワンシーン。

けやき坂46による初舞台公演「あゆみ」が本日4月20日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。これに先駆けて同会場で公開ゲネプロおよび囲み取材が行われた。

「あゆみ」は「わが星」などの作品で知られる柴幸男(ままごと)の代表作の1つで、劇作家の赤澤ムックが潤色・演出を担当。けやき坂46のメンバー20名は「チームハーモニカ」「チームカスタネット」の2チームに分かれ、それぞれ10人全員で“あゆみ”1役を演じるという個性的なスタイルの演劇にWキャストで臨む。

ゲネプロは井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂からなるチームハーモニカのメンバーが実施。真っ白なセットが組まれたステージに登場した10人は、一度も退場することなく約1時間半出ずっぱりで、“あゆみ”という1人の女性の人生の物語を描いた。

ゲネプロ終了後行われた囲み取材にはチームハーモニカに加え、柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひよりからなるチームカスタネットの面々も出席。まずは全員自己紹介をしながら初舞台への意気込みを述べることに。最初にマイクを取った東村は「私は普段声が小さいとよく言われるので大きい声を出してがんばりたいと思います」とハキハキと語り、観劇をするのが好きだという高瀬は「初舞台で不安なこともあるのですが、皆さんの心に残るような舞台にできたら」とコメント。女優志望だという影山は「個人としてもひらがなとしても次につながる一歩になる舞台にしていけたら」と述べた。

この舞台に挑戦することが決まったときの心境を問われた加藤は「初めてこの話を聞いたとき、私は『ウソでしょ!? できない!』と思いました。本格的な稽古が始まるとスタッフさんが丁寧に指導してくださって。20人で支え合って稽古期間を過ごして仲も深まりました。今は舞台をやっていて楽しいです。今回このような機会をいただけたことに感謝しています」と話す。1人の女性を10名で演じるという特殊な演目であることについて渡邉は「必ず1人2役以上はあって、犬だったり、幼児、男性、女性……年齢や性別を問わずいろんな役があって、さらに各シーンごとに役が違ってくるので感情の切り替えが難しかったです。観ている人に男性なのか、女性なのか、若いのか、年老いているのか一瞬で理解してもらうために体を使って表現するのにすごく苦労しています」と語った。

お気に入りのシーンについて問われると柿崎は「私に子供ができて、その子供がおもちゃのところに走っていくって『これこれ!』って言うところ。その高瀬愛奈の動きがすごい特徴的で自然と笑顔になれます」とコメント。加藤は「寝っ転がるシーンがあるんですけど、そのシーンが唯一休めるのでそこがとっても好きです」と話し、報道陣を笑わせた。

音楽ナタリーをフォロー