音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

岩田剛典、研修でホテルマンの心得やワインの抜栓学ぶ

5563

岩田剛典

岩田剛典

岩田剛典(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、EXILE)が民放連続ドラマ初主演を務める日本テレビ系「崖っぷちホテル!」の関連イベントが、本日4月6日に東京・山の上ホテルにて行われた。

本日のイベントで岩田は山の上ホテルで実際に働くスタッフと共にホテルマナーやサービスを体験。まず総支配人の中村淳氏直々にホテルマンのとしての心得や基礎知識などを学んでいく。岩田は時折手もとの資料に目をやりながら、総支配人の言葉に相槌を打っていた。その後彼はお辞儀の練習へ。角度を意識しつつ支配人の手本に倣って実践を重ねる。続くベルパーソンの業務で岩田は、宿泊客役の総支配人から荷物を預かりエレベーターへそつなくエスコートした。そしてホテル内の地下にあるバーにて、彼はソムリエからワインの抜栓やグラスへの注ぎ方などの手ほどきを受ける。ソムリエナイフを用いてキャップシールを剥がす際に手を使おうとした岩田がソムリエから「手でやっちゃうとカッコ悪い」と指摘を受けると、彼はそれを元気に復唱し記者陣の笑いを誘った。

実習を終え囲み取材に応じた岩田は、研修で難しかったことを尋ねられ「ワインかな」と回答。「ベルボーイの動きは上下関係のある普段の仕事場だと意外と自然にやってるので。例えば後輩が先にドアを開けているとか。でも(ワインのコルク栓を)半周回して抜栓するのって、家でやってる人いないじゃないですか。クラシックなスタイルで開けるのはカッコいいですよね。こういうことが当たり前のようにできるホテルマンの立ち振る舞いは洗練されてるなと思いました」とホテルマンへ敬意を払った。さらにこれまでに研修を受けたことがあるかという質問には、「いっぱいあります。焼鳥屋のバイトではビールサーバーを取り替えたり、泡の配分を調整してました」というエピソードを明かす。続いて「LDHでホテルマンに向いている人は?」という問いには、「AKIRAさんかな。気配りのすごさはいつも驚かされます。おもてなしの気持ちがだれよりも秀でている先輩」と答え、自身の向き不向きについては「どうなんでしょうね。自分の心配りでお客様が素敵だなと思ってくれたり、そういう反応はモチベーションになると思うし、そういう意味で(ホテルマンの仕事は)普段の自分の活動に似ていると思う」とコメントした。最後に総支配人からホテルマンとしての適性について「勘がすごくいいと思いました。覚えがかなり早い。それからホスピタリティのマインドを役柄に生かそうという姿勢は素晴らしい」と太鼓判を押されると、恐縮しながらもうれしそうな表情を浮かべた。

「崖っぷちホテル!」は4月15日(日)22:30に放送がスタートする、破産寸前の老舗ホテルを舞台にしたシチュエーションコメディ。謎の訪問客・宇海直哉を岩田、ホテルの新米総支配人・桜井佐那を戸田恵梨香が演じるほか、曲者の従業員役として浜辺美波、中村倫也、くっきー(野性爆弾)、チャド・マレーン、佐伯大地らが出演する。

日本テレビ系「崖っぷちホテル!」

初回放送:2018年4月15日(日)22:30~

音楽ナタリーをフォロー